オムロン、UPSの自動シャットダウンソフトが64ビットOSに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オムロン、UPSの自動シャットダウンソフトが64ビットOSに対応


掲載日:2005/06/01


News

 オムロン株式会社は、同社の無停電電源装置(UPS)を使用して自動シャットダウンを行なうためのソフトウエア「PowerAct Pro(Windows/Linux版)」のバージョンアップを行ない、64ビットOS(Windows/Linux)に対応すると共に、新たに「Novell SUSE」や「TurboLinux」などのLinux OSに対応したと、発表した。

 「PowerAct Pro(Windows/Linux版)」は、同社のUPSと併用することにより、停電などの電源異常時に同一ネットワーク上の複数のPCサーバーをシャットダウンすることができる。UPSの出力コンセントを個別にOFF/ONすることが可能なため、ネットワーク機器やストレージを停電時にはPCサーバーより後で停止させ、電源復旧時には先に起動させることができる。通常時にも、手動で出力停止/開始を制御することが可能となっている。

 また、冗長電源を搭載したPCサーバーに2台のUPSを接続して使用することができる。これにより、片方のUPSの電源常時(停電など)にはシャットダウンを行なわず、2台両方のUPSで電源異常が発生した時のみPCサーバーをシャットダウンさせることができる(1+1構成、N+1構成に対応)。さらに、USB通信に対応しているほか、ネットワーク上の「PowerAct Pro(Windows/Linux版)がインストールされていないクライアントPCからもWebブラウザを使用してUPSを管理することも可能となる。

 バージョンアップ版の「PowerAct Pro Ver2.00(Windows/Linux版)」では、64ビットOS(Windows/Linux)に対応しているほか、新たに「Windows Server 2003」(英語)、「Windows XP/2000/Me/98 SE/98」(英語)、「MIRACLE LINUX Ver3.0」、「TurboLinux 10Server」、「Novell SUSE Enterprise Linux 9 (x86)」といったOSに対応している。USB通信機能にLinux版も対応(Windowsは対応済み)し、冗長電源機能(N+1構成)にWindows版も対応(Linuxは対応済み)している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010641


IT・IT製品TOP > サーバー > UPS > UPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ