キヤノンSOL、デフラグ作業を集中管理するデフラグソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノンSOL、デフラグ作業を集中管理するデフラグソフトを発売


掲載日:2005/05/30


News

 キヤノンシステムソリューションズ株式会社は、社内コンピュータのデフラグ作業を集中管理できるデフラグソフト「O&O Defrag V6サーバー版」を、6月10日より発売する。価格は、3万8000円となっている。対応OSは、Windows 2000 Professional/2000 Server/XP Professional/Server 2003となっている。

 「O&O Defrag V6サーバー版」は、ネットワーク管理者がリモート操作で、各クライアントPCのデフラグ実行やスケジュール設定を行なえるソフトで、管理者の作業負担を軽減し、社内のコンピュータを集中管理することができる。“ステルステクノロジー”機能により、高速かつ静かな動作環境を実現し、リソース消費量を抑えてバックグラウンドでデフラグを実行することが可能となる。同機能により、デフラグを実行中でも、デフラグ作業を意識せずに、他のアプリケーションをスムーズに操作することができる。

 また、“O&OアクティビティガードPro”により、デフラグを実行するために必要なリソース量を調整できるほか、コンピュータの使用状況に合わせてデフラグに使用するリソース消費量を自動的に調整する“O&Oオートセンス機能”も搭載している。ディスク内の断片化が特定の割合に達した時、デフラグを自動的に起動させることができる“スケジューリング機能”を備えており、曜日や時間、断片化率などに合わせて、定期的にデフラグを自動起動するスケジュール設定も可能となる。

 さらに、最適化するボリューム(ドライブ)を検出し、適切な最適化方法やパラメータ、スケジュールを自動設定できるほか、Windows起動前の最適化に対応しており、システムファイルのデフラグ処理が可能となっている。分析や検査、デフラグ完了時にステータスレポートを作成することで、最適化前後のボリューム情報やデフラグの際に移動したファイル、断片化したファイルなどの一覧表示をHTMLブラウザで表示でき、ジョブの処理状況や分析、最適化の統計をレポートで表示するサイトのステータスレポートも作成可能となっている。


出荷日・発売日 2005年6月10日 発売
価格 38,000円

関連キーワード

「キヤノンシステムソリューションズ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010613


IT・IT製品TOP > PCソフト > その他PCソフト関連 > その他PCソフト関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ