日本ネットアップ、統合ストレージミッドレンジ製品などを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本ネットアップ、統合ストレージミッドレンジ製品などを発表


掲載日:2005/05/30


News

 日本ネットワーク・アプライアンス株式会社は、同社の統合ストレージミッドレンジ製品の新機種「FAS3020」と「FAS3050」、プライマリストレージアプリケーション用シリアルATA(SATA)ディスクオプション、「V」シリーズ仮想化エンジンの新機種「NetApp V3020」と「NetApp V3050」を、発表した。

 「FAS3000」シリーズは、従来のFASストレージシステムに比べてストレージ統合の価格性能比が2倍で、システムあたりでサポート可能なユーザー数も増大している。単一アーキテクチャにより、ファイルサービスやFC-SAN、IP-SAN、マルチネットワーク構成をサポートし、手作業でのデータの移動を行なわずに、迅速なアップグレードで上位システムへと拡張することもできる。最大84TB、336ディスクのストレージ容量を備えている。

 また「FA3000システム」では、「DATA ONTAP 7G」に搭載された“FlexVol”機能を利用することができ、少量のデータでもディスク性能が向上している。“FlexVol”は、ストレージの可用性を最大150%まで高めることができる。新しいSATAディスクオプションと組み合わせることで、1MBあたりのプライマリストレージコストを半分以下に抑えることができる。同社のSATAドライブは、RAID 1よりもデータ保護に優れ、1MBあたりのコストが安い“RAID-DP技術”によるディスク障害保護を備えている。

 「V3020」と「V3050」は、従来の「V」シリーズシステムのパフォーマンスを最大2倍に向上し、容量やホストとストレージの接続性を4倍に拡張することができる。電源の遠隔制御や“コール・ホーム”機能の管理を容易にするほか、「DATA ONTAP 7G」ソフトウエアが供給するダイナミックな仮想化機能を、他社のストレージ製品へ拡張することも可能となる。同仮想化機能では、コストを削減することができるほか、業務のシフトに応じてストレージ資産を活用するアプローチを提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010604


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ