富士通、カートリッジを最大709巻収納できるテープ装置を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、カートリッジを最大709巻収納できるテープ装置を出荷


掲載日:2005/05/27


News

 富士通株式会社は、テープカートリッジの収納効率を約3倍に向上させたテープライブラリ「ETERNUS LT270」を、6月30日より出荷する。価格は、1500万円からとなっている。

 「ETERNUS LT270」は、1巻当たり最大800GBの記憶容量を持つ第3世代カートリッジ“テープLTO Ultrium3”を使用することができる。これにより、1平方メートルのキャビネットにテープカートリッジを最大709巻収納し、最大567TBのデータを保存可能となっている。同社の基幹IAサーバー「PRIMEQUEST」やUNIXサーバー「PRIMEPOWER」、IAサーバー「PRIMERGY」に加え、各社のUNIXサーバー/IAサーバーでも使用可能で、大規模システムの統合バックアップを実現している。

 また、毎秒160MBのデータ転送が可能な“LTO Ultrium3テープドライブ”と“LTO Ultrium2テープドライブ”を、最大20台まで搭載することができる。最大構成時には、UNIXサーバーやIAサーバーなどのオープンシステムのデータを、1時間で11.5TB保存することができる。さらに、テープ搬送用のロボットを二重化し、電源やファンなどを三重化以上に冗長化しているため、故障時でも無停止で故障部品を交換することが可能となっている。なお“LTO Ultrium3ドライブ”は、一度書き込まれたデータを変更しない“WORM(Write Once Read Many)データ保護機能”を備えたカートリッジテープに対応し、機密情報の改ざんや、誤操作によるデータの変更/削除を防ぐことができる。

 同社は、テープカートリッジのデータを暗号化することで情報の漏洩を防止する「テープ暗号化装置」も、6月30日より出荷する。価格は、600万円からとなっている。同製品は、3DES規格またはAES規格に基づく暗号化を行なう製品で、暗号化/復号化はハードウエアで高速に行なわれる。サーバーと「ETERNUS」テープライブラリ製品の間に、ファイバーチャネルもしくはSCSIに対応したインターフェースで接続して使用する。「ETERNUS LT270」との連携により、カートリッジテープのデータを暗号化するため、テープカートリッジの搬送時などでの情報漏洩を防ぐことができる。また、既存のテープライブラリ「ETERNUS LT100 series」とも連携が可能で、さまざまな規模のシステムに対応することができる。


出荷日・発売日 2005年6月30日 出荷
価格 「ETERNUS LT270」:15,000,000円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL 【ソフトエイジェンシー】 マイナンバーソリューション 【日立ソリューションズ】 payShield HSM ファミリー 【タレスジャパン】 InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム) 【アルプス システム インテグレーション】 ドキュメント保護「活文 Document Rights Manager」 【日立ソリューションズ】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。
鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。
収集・保管・利用にいたる業務プロセスをサポート。保管時はセキュアな専用DBで安全にマイナンバーを管理し、利用時のセキュリティも強化できる。 カード発行・決済取引に特化したアプリケーションと組み合わせて利用するHSM。国際ブランドはもちろんEMV・PCI・Global Platformなど金融関連のセキュリティ標準を満たす。 ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。 情報の保管・利用場所に依存せず、不正利用を防止する。文書が流出しても権限がなければ閲覧できないだけでなく、文書を後から失効することで、万が一の事後対策が可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010590


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ