EMCとシスコ、Windowsファイルサーバー統合ソリューションを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMCとシスコ、Windowsファイルサーバー統合ソリューションを提供


掲載日:2005/05/27


News

 EMCジャパン株式会社とシスコシステムズ株式会社は、EMCのNAS製品「Celerra」シリーズと、シスコの“Wide Area File Services”(WAFS)技術の統合ソリューションをベースに、ユーザーのWindowsファイルサーバーの統合を共同で推進すると、発表した。

 シスコの“WAFS”は、企業の支店などのオフィスに分散するWindowsファイルサーバーをセンター拠点に統合し、遠隔地のクライアントに対してLANに近いファイルアクセス性能を提供することができる。センター拠点および支店に「Cisco File Engine」アプライアンスを配備し、WAN経由のファイルアクセスで発生する遅延/帯域不足を解決する。EMCの「Celerra」シリーズは、ローエンドからハイエンドまでのNAS製品が用意されており、数台のファイルサーバーの統合から、300以上の支店に分散する400台以上の大規模なファイルサーバーの統合といった要件まで対応可能となっている。

 両社は、今回発表したソリューションの検証を共同で実施した。両社製品の相互接続性を確認し、“WAFS”導入によるファイルアクセス性能の改善効果が実証された。同ソリューションにより、IT管理者はWAN回線の影響を受けずに、企業のファイルサーバー環境に対するセキュリティ対策/アクセス管理/バックアップ/災害対策/サポート/メンテナンスなどを、センター拠点で一元的に管理することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

ユーザー目線で選ぶストレージ――たどり着いた答えは「安定性」 【伊藤忠テクノソリューションズ】 「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ 【日本アイ・ビー・エム】 SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】 ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】 5分で分かるストレージ選び「3つのポイント」、オールフラッシュだけではない 【伊藤忠テクノソリューションズ】
NAS NAS NAS NAS NAS
ユーザー目線で選ぶストレージ――たどり着いた答えは「安定性」 データを真に利活用する「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ Webキャストで解説、SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュの実力を探る フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。 5分で分かるストレージ選び「3つのポイント」、オールフラッシュだけではない

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010577


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ