SAPとT4C、「SAP SEM」ベースの連結会計用テンプレートを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SAPとT4C、「SAP SEM」ベースの連結会計用テンプレートを提供


掲載日:2005/05/24


News

 SAPジャパン株式会社と株式会社T4Cは、SAPが提供する「SAP SEM(Strategic Enterprise Management:戦略的企業経営)」バージョン4.0を基に、T4Cが、連結会計システムを短期間/低コストで実現するテンプレート「Consolidation Core Model」(CCM)を開発し、提供を開始したと、発表した。

 「SAP SEM」は、経営管理プロセス全体を1つの統合されたプラットフォームで提供するCPM(企業業績管理)ソリューション。SAPシステム/外部システムからのデータ統合機能や制度連結の一連の処理に加え、柔軟な組織設定により、製品グループ別連結や月次/週次連結といった管理連結要件へも容易に対応できる“連結会計機能”を備えている。予算編成/計画策定を行なうシミュレーション機能や、“バランススコアカード”、“マネジメントコックピット”などによるレポート/分析機能も備えている。

 今回T4Cが提供する「CCM」は、連結会計システムの設計を短期間で実施する導入支援テンプレート。導入要件をヒアリングするための“CCM導入質問表”、実機ベースの機能検証と業務適用分析を可能にする“CCM連結会計モデル”、TO BE業務プロセスを設計するための参照モデル“CCM業務シナリオ”の3つから構成されている。連結対象企業数を問わず、制度連結に加え、企業グループ全体のパフォーマンスを監視/管理する仕組みを提供する。

 またT4Cは、株式非公開企業や連結対象10社以下の企業での制度連結システム向けに、「おまかせパック」の提供も、開始する。「おまかせパック」は、「SAP SEM」を使用した連結会計システムの構築を、コンサルティング/SIなどを含め最短4ヵ月で提供する。要件定義やパラメータ設定、オペレーション/パラメータ設定の勉強会、初回の決算サポートが含まれ、連結決算のシステム化を実現することができる。「おまかせパック」のシステム構築費用は、1000万円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

Oracle Planning and Budgeting Cloud Service(PBCS) 【日本オラクル】 経営基盤ソリューション SuperStream-NX 【日立システムズ】 交通費・経費精算クラウド 経費BankII 【SBIビジネス・ソリューションズ】 ZeeM 会計 【クレオマーケティング】 楽楽精算 【ラクス】
会計システム 会計システム 会計システム 会計システム 会計システム
経営管理ソリューション分野で高いシェアを誇るOracle Hyperionの予算管理機能をクラウドで提供。データ入力/連携から各種計算処理、レポート・分析をトータルに実現。 豊富な実績を誇る国産経営基盤ソリューション。会計・人事給与のシステムは個別導入が可能。また、経営分析ソリューションでリアルタイムに経営状況の可視化を実現する。 交通費・経費精算をスマートフォンやWebで申請できるクラウドサービス。駅すぱあと連携、仕訳データ出力、FBデータ作成ができ、作業時間の短縮、効率化が可能。 財務・管理会計を統合し、他システムとの連携性と充実した管理会計、決算日程の短縮にこだわったオールインワン会計システム。 交通費をはじめ、あらゆる経費の申請・承認・精算を楽楽精をラクにする、累計導入社数NO.1のクラウド型経費精算システム。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010536


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ