マイクロ総研、レイヤー2 VPN装置「UnifiedGate201」を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マイクロ総研、レイヤー2 VPN装置「UnifiedGate201」を発売


掲載日:2005/05/24


News

 株式会社マイクロ総合研究所は、インターネット網や地域IP網を使用し、ハードウエア機器で広域イーサネットサービスと同様の機能を実現することができるレイヤー2 VPN装置の上位機種「UnifiedGate201」を、6月中旬より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「UnifiedGate201」は、インターネット網や地域IP網を利用して、広域イーサネットサービスと同様の環境を、容易かつ低コストで実現することが可能なレイヤー2 VPN装置。固定IP設定やPPPoEクライアント、DHCPクライアントに対応しているため、さまざまなブロードバンド回線を利用することができる。マルチプロトコルに対応しており、IPプロトコルに加え、ARP/NetBIOS/AppleTalk/Netware/DEC-Net/SNA/FNAといったIP以外のプロトコルを利用することや、拠点間でDHCP通信を行なうことなどが可能となる。“EtherIP(RFC3378準拠)方式”、セキュアなトンネリングを実現する“IPSec方式”、NAT/NAPTルーター配下でのトンネリングを実現する“UDPカプセリング方式”の3種類のトンネリング方式にも対応している。

 また、DDNSサーバー機能とDDNSクライアント機能の両方を搭載しているため、拠点側でDDNSクライアント機能を使用することにより、固定IPアドレス契約をしていなくても、広域イーサネットサービスと同様の環境を構築することができる(DDNSサーバー側のブロードバンド回線は固定IPアドレスが必要)。さらに、HTTPによるGUI設定/TelnetによるCLI設定/SNMPエージェント機能に対応し、遠隔地からもメンテナンスを行なうことができる。IPフィルタや機器設定保護フィルタ、ブロードキャスト/マルチキャストフィルタなどのセキュリティ機能も搭載しているほか、最大1000ヵ所までの多拠点接続に対応している。


出荷日・発売日 2005年6月中旬 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010524


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-VPN > IP-VPNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ