EMC、中堅/中小企業向けストレージ導入セット製品を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMC、中堅/中小企業向けストレージ導入セット製品を発表


掲載日:2005/05/23


News

 EMCジャパン株式会社は、中堅/中小企業および部門レベルのシステム向けのストレージ導入ソリューションセット「EMC Express Solution」シリーズを、発表した。

 「EMC Express Solution」シリーズは、「ネットワーク・ストレージExpress Solution」、「バックアップ&リカバリExpress Solution」、「アーカイブExpress Solution」、「情報保護Express Solution」から構成されている。「ネットワーク・ストレージExpress Solution」は、DAS(直接接続型ストレージ)、SAN(ストレージエリアネットワーク)、NAS(ネットワーク接続型ストレージ)、iSCSI(Internet Small Computer Systems Interface)接続環境で利用可能なソリューションで、統合や一元管理の強化によりユーザーのストレージコスト削減を支援する。「バックアップ&リカバリExpress Solution」は、バックアップ/リカバリプロセスの信頼性と速度を向上し、データの即時利用を可能にする。

 「アーカイブExpress Solution」は、データを自動的に管理するソフトウエアが階層型のストレージアーキテクチャを活用して、アクセスされていないファイルをよりコストパフォーマンスの高いストレージへ移動し、同時に、全てのデータの検索/取得を可能にする。「情報保護Express Solution」は、プライマリサイトにおける障害発生時のリカバリを目的としたデータへのアクセスを迅速に行なえるように、オンラインおよびアーカイブのアプリケーション/データをコストパフォーマンスに優れた方法でリモートコピーすることができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 急増するデータが招く可用性低下 5つの課題を解消する方法とは 【Veeam Software japan】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 ハイパーコンバージドとバックアップの統合VCE VxRail Appliance 【EMCジャパン】 「15分以内の復旧」Veeam Backup & Replication 【ヴィーム・ソフトウェア】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 激増するデータのバックアップ 「早い・安い・便利」な解決策 ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 効率的なインフラ構築に役立つ「ハイパーコンバージドインフラ」。しかし導入の際には、データ保護に関して従来とは異なる工夫が必要になる。それは何か。 DRとして仮想化システムやデータのバックアップを取ったものの、有事の際、本当に正常に再稼働できるのか。「やっているつもり」のDRから脱却する手頃な方法とは。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010517


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ