アシスト、アプリケーション開発ツールの新バージョンを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アシスト、アプリケーション開発ツールの新バージョンを発売


掲載日:2005/05/23


News

 株式会社アシストは、アプリケーション開発ツール「PowerBuilder」の新バージョン「PowerBuilder 10.0」を、6月21日より発売する。価格は、「Desktop版」が4万9000円、「Enterprise版」が53万円となっている。

 「PowerBuilder」は、小規模から大規模ビジネスアプリケーションまで適用できるアプリケーション開発ツール。新バージョン「PowerBuilder 10.0」では、“Webサービス作成機能”の搭載とUDDI(Universal Description,Discovery and Integration)のサポートにより、Webサービスの利用が可能になっている。また、モバイルDBとエンタープライズDBの同期をとる“MobiLink”をサポートしているほか、この利用を促進するウィザード、Unicodeサポート、新たなGUIコントロールが提供される。

 さらに、.NET開発環境との融合を図る製品として、新たに「DataWindow .NET」が提供される。「DataWindow .NET」は、Visual Studio .NET 2003のWindows Formsなど、.NET Frameworkをサポートする他のアプリケーションの開発環境で、Visual BasicやC#から「PowerBuilder」データウィンドウテクノロジーを使用するためのソフトウエア(「Enterprise」版のみサポート)。なお同社は、「PowerBuilder」で構築された既存資産をボタン1つで迅速にWeb環境へ移行するツール「Appeon for PowerBuilder」の新バージョン「2.8」も、発売した。


出荷日・発売日 2005年6月21日 発売
価格 Desktop版:49,000円/Enterprise版:530,000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

時間も費用もかかるシステム化を内製で解決、高速開発ツール活用・8つの事例 【ファイルメーカー】 業務システム開発の部品組み立て型開発基盤 「楽々Framework3」 【住友電工情報システム】 FileMaker プラットフォーム 【ソフトバンク コマース&サービス】 Web Performer 【キヤノンITソリューションズ】 多機能・高精細ビューイングエンジン PrizmDoc 【ラネクシー】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
時間も費用もかかるシステム化を内製で解決、高速開発ツール活用・8つの事例 データ中心設計(DOA)による徹底した標準化により、開発、保守工程の生産性向上を支援する部品組み立て型の開発基盤。小規模開発から大規模基幹システムまで幅広く対応。 PCやモバイルに対応した業務アプリケーションを、プログラミング不要で作成することができるツール。企業の業務効率化に大きく貢献する。 ノンプログラミングでJavaのWeb アプリを100%自動生成する、マルチブラウザ対応超高速開発ツール。コーディングの自動化とそれによる品質の均一化により開発期間短縮可能 PrizmDoc は開発ツールです。Webアプリケーション上に構築するビューイングエンジンです。低コストで効率的に多機能・高精細ビューイングソフトを作成可能。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010512


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ