EMC、4ノード構成のCASシステム「Centera」を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMC、4ノード構成のCASシステム「Centera」を発売


掲載日:2005/05/23


News

 EMCジャパン株式会社は、同社のCAS(コンテンツアドレスストレージ)システム「Centera」ファミリに、4ノード構成の中堅/中小企業向け新モデルを追加し、発売した。最小構成価格は、800万円(税込)からとなっている。

 今回発売された4ノード構成の「Centera」は、有効容量2.2TBの中堅/中小企業向けCASシステム。ハイエンド向けの「Centera」と同じコンテンツ管理/自動管理の機能を備えている。標準的なラックへのマウントが可能で、コストを削減でき、使用するフロア面積を増やすことなく既存のサーバー/ストレージソリューションと容量を共有することができる。

 同製品は、EMCのソリューション「アーカイブEMC Express Solutions」に採用されている。同ソリューションは、ユーザーのコスト削減を支援するほか、メールやアーカイブの管理に関する課題に対応することができる。また、新しい「Centera」構成を使用したバンドルソリューションも、ISVにより開発が進められている。


出荷日・発売日 2005年5月19日 発売
価格 最小構成価格:8,000,000円(税込)〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

アイドルグループの映像制作、快適なマルチカム編集を支えるストレージの実力は 【日本アイ・ビー・エム】 これからのオールフラッシュアレイはどこで差がつく? 選定時に注目すべき機能 【Dell EMC】 オールフラッシュ時代が本格到来 コスパと品質を備えたラインアップとは 【Dell EMC】 I/O性能が課題のシンクライアント環境を改善する、高速ストレージ基盤とは 【日本アイ・ビー・エム】 予算不足や環境変化など「ミッドレンジITの4課題」はストレージで解決できる 【Dell EMC】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
アイドルグループの映像制作、快適なマルチカム編集を支えるストレージの実力は これからのオールフラッシュアレイはどこで差がつく? 選定時に注目すべき機能 オールフラッシュ時代が本格到来 コスパと品質を備えたラインアップとは I/O性能が課題のシンクライアント環境を改善する、高速ストレージ基盤とは 予算不足や環境変化など「ミッドレンジITの4課題」はストレージで解決できる

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010508


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ