日立ソフト、業務アプリの開発コストを削減する開発ツールを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立ソフト、業務アプリの開発コストを削減する開発ツールを出荷


掲載日:2005/05/20


News

 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社は、SOA(サービス指向アーキテクチャ)に基づいた業務アプリケーションの開発コストを削減する開発ツール「anyWarp Development Kit Version 4.0 Enterprise Edition」を、出荷した。価格は、1サーバー/5ユーザーの開発ライセンスが84万円などとなっている。

 「anyWarp Development Kit Version 4.0 Enterprise Edition」は、Webアプリケーション開発ツール「Assam anyWarp」の機能を拡張し、画面遷移制御に加え、サービスを構成する業務サービスやJavaバッチプログラムについても、設計書からソースコードを自動生成できる開発ツール。設計書の作成にはオブジェクト指向分析/設計の知識が不要で、業務部門にも親しみやすい設計書を提供し、業務サービスやJavaバッチの設計をIT部門と業務部門が共同で進めることができる。

 業務ロジックの実装をサポートする「Scenario Generator」とデータベースアクセスの実装をサポートする「DB Access Generator」により、50%以上の業務サービスソースコードを設計書から自動生成することができる。ソースコードは標準的なインターフェースで定義されており、サービスとして呼び出すことができる。また、Javaバッチの実装をサポートする「Batch Generator」により、50%以上のソースコードを設計書から自動生成することができる。

 業務アプリケーションの各層固有の処理制御機能をカプセル化したフレームワーク「Scenario Framework」、「DB Access Framework」、「Batch Framework」により、業務アプリケーションのRAS(信頼性/可用性/拡張性)を強化することができる。メールテンプレート管理や、メール再送処理、送達管理も、APIにより容易に実現可能となっている。


出荷日・発売日 2005年5月19日 出荷
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

API活用で医療統計データを提供、公開と運用を一元管理する仕組みとは? 【日本アイ・ビー・エム】 複合機を使ったIoTサービス拡大も視野に、拠点間システム連携基盤の作り方 【日本アイ・ビー・エム】 APIでイノベーションを実現、バンキングサービス基盤を変革する3つのステップ 【CA Technologies】 簡単なマウス操作でAPI作成、アプリケーション開発を加速するツール活用法 【CA Technologies】 法人向けスマートデバイスアプリ開発プラットフォーム「seap」 【ソフトバンク コマース&サービス】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
API活用で医療統計データを提供、公開と運用を一元管理する仕組みとは? 複合機を使ったIoTサービス拡大も視野に、拠点間システム連携基盤の作り方 APIでイノベーションを実現、バンキングサービス基盤を変革する3つのステップ 簡単なマウス操作でAPI作成、アプリケーション開発を加速するツール活用法 ラーニング、アンケート、カタログ、ファイル共有などのビジネスでニーズの高いアプリを短期間でカンタンに導入可能。セキュリティ機能や運用管理機能も充実。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010493


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ