SAP、サービス指向アーキテクチャへの移行支援プログラムを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SAP、サービス指向アーキテクチャへの移行支援プログラムを提供


掲載日:2005/05/19


News

 SAPジャパン株式会社は、同社が提唱するサービス指向のアーキテクチャ「Enterprise Services Architecture」(ESA)を日本市場で推進するにあたり、新たに専任組織を設立し、「ESA Adoption Program」(ESAアダプションプログラム)の提供を開始する。

 今回提供される「ESAアダプションプログラム」は、「ESA」に基づいたIT環境を実現するためにユーザー企業が重要視している戦略に従って、“企業システム全体を、ESA化へ移行していくためのロードマップ”をユーザー視点から提供するもの。また、様式化された段階的なアプローチにより、ユーザー企業における既存システムの生産性を維持した上で、個別のニーズに基づいた「ESA」化への戦略的な移行を支援する。これにより、ユーザー企業はIT環境全般の発展的移行に関する手順を確認することができる。

 SAPは、各段階において各企業の個別ニーズに対応可能な各種ツール、ワークショップなどで構成されたプログラムを提供する。同プログラムには、「ESA」を理解するためのワークショップ、経営戦略とIT戦略の同期をとるためのワークショップ、「ESA」化へ移行していくためのロードマップを描くためのワークショップが含まれている。これらのワークショップを通し、「ESA」についての理解を促進するほか、IT戦略と経営戦略の同期をとりながら、TCOを算出し、ユーザー企業のIT環境を強化することを目指す。

 「ESAアダプションプログラム」では、大規模なシステムインテグレータ(SI)が提供する既存のコンサルティングサービスを補完し、ITロードマップの構築時間を短縮することができる。規模の小さいSIでは、ITコンサルティング戦略や長期プロジェクトの立案など、価値の高いサービス群の提供力が強化される。「ESAアダプションプログラム」により、企業はサービス指向アーキテクチャに特有な柔軟性の活用が可能になる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ETL」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ETL」関連情報をランダムに表示しています。

「ETL」関連の製品

データ・プレパレーション・プラットフォーム 「Paxata」 【アシスト】 DataSpider Servista 【セゾン情報システムズ】
ETL ETL
ビッグデータやIoT、クラウドなど先進分野でのデータ分析に求められる「データ準備」を機械学習などの最新テクノロジーを活用して素早く実現する。 CRMは3カ月必要……Microsoft Azure連携含めわずか1カ月で作った情報可視化基盤

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010476


IT・IT製品TOP > データ分析 > ETL > ETLのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ