日本HP、Javaを利用した高可用性システムのサポートを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、Javaを利用した高可用性システムのサポートを提供


掲載日:2005/05/19


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、HP-UXで構築されたミッションクリティカルシステムでJavaを利用しているユーザー向けのサポートサービスを、拡張した。

 今回提供されるのは、体系化されたミッションクリティカルシステムにおけるJavaのサポートサービス。「MC Javaサポートソリューション」と「MC Javaクリティカル・サービス・オプション」の2種類が提供される。「MC Javaサポートソリューション」では、最も安定したJVM(Java仮想マシン)のバージョンをHPが特定し、ISVの認証を受けたバージョンをサポート対象バージョンとして、通常のJVMのサポート期間より3年間期間を延長する。これにより、システムの安定稼働を図ることが可能となっている。

 また、ユーザーとの間でサポートレベルを定義/保証し、サポートを通じてユーザーのビジネスインパクトを抑えることができる。Java専任のエンジニアが24時間365日体制の電話サポートでトラブルに対応するほか、データ収集、ツールを利用することで障害発生時に原因の解析時間を短縮し、ユーザーに短期間で解決策を提供することが可能となる。

 「MC Javaクリティカル・サービス・オプション」では、Javaに特化したクリティカルサービスのオプションで、障害/問題の発生時には必要に応じて、ユーザー個別の解決策(パッチ)を、2週間以内を目標に提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010472


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発言語 > 開発言語のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ