提携:インフォベックとDAL、ERP/B2Bソリューションで業務提携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:インフォベックとDAL、ERP/B2Bソリューションで業務提携


掲載日:2005/05/19


News

 インフォベック株式会社と株式会社データ・アプリケーション(DAL)は業務提携し、インフォベックの次世代ERPパッケージ「GRANDIT」とDALのB2B用パッケージ「ACMS B2B」を組み合わせたソリューションを共同で提供すると、発表した。

 「GRANDIT」は、.NETを採用したWebベースの国産ERPパッケージで、経理/債権/債務/販売/調達在庫/製造/人事/給与/資産管理/経費の計10モジュールから構成されている。BI(ビジネスインテリジェンス)や、EDI(電子データ交換)、ワークフローを標準搭載し、多通貨機能、マルチカンパニー、柔軟な組織変更への対応などの機能を装備している。「ACMS B2B」は、DALのEDIパッケージ「ACMS」シリーズを構成する1製品で、基幹システムと連携したB2B環境を容易に構築可能なパッケージ。インターネット標準プロトコルに加え、日本固有のEDI要件を網羅している。

 今回の提携により、「GRANDIT」のEDI機能が強化され、広範囲の業種/業界における企業間取引に対応することができる。また、「ACMS」シリーズで提供される各種インターフェース機能により、「GRANDIT」と他のアプリケーションとの連携も容易に行なうことができる。今後インフォベックは、電子帳票、生産管理、勤怠管理といった「GRANDIT」の機能やサービスを補完するベンダーやプロバイダとの提携を強化し、ファミリー製品として順次公表していく予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

グローバルの設備も一元管理、次世代のモノづくりを後押しする設備管理・保全術 【インフォアジャパン】 原価管理システム AMMIC/NetC 【電通国際情報サービス】 厳格な製薬業界の規制に対応、保全担当の業務効率が大幅改善した秘訣 【インフォアジャパン】 GRANDIT 【GRANDIT】 マンガで解説:月次決算報告に、経営者の知りたいデータを盛り込むには? 【株式会社ミロク情報サービス】
ERP ERP ERP ERP ERP
モノづくりで設備がダウンしてしまったら大きな損害だ。それを回避するために設備資産の管理・保全をする必要があるが、効率的に進めるにはどうすればいいのだろうか。 標準原価、実際原価など、製造業に不可欠な6種の原価管理機能を搭載したERPパッケージ。予算原価シミュレーション、発生要因別の原価差異分析など、様々な原価分析に対応。 厳格な製薬業界の規制に対応、保全担当の業務効率が大幅改善した秘訣 経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費モジュールで構成された完全WEBの次世代ERP。ワークフロー、通知機能、BIを装備し内部統制を支援。 マンガで解説:月次決算報告に、経営者の知りたいデータを盛り込むには?

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010470


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ