NTTビズリンク、海外との多地点接続が可能なIP TV会議を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTビズリンク、海外との多地点接続が可能なIP TV会議を提供


掲載日:2005/05/19


News

 エヌ・ティ・ティ・ビズリンク株式会社は、ブロードバンド回線を使用したIPテレビ会議で、企業の海外工場/事務所などの海外拠点同士や海外拠点と国内拠点との間を接続する国際多地点テレビ会議接続サービス「海外IPテレビ会議接続サービス」の提供を、開始した。

 同社では、NTT東日本/西日本が提供する「Bフレッツ」や「フレッツ・ADSL」をアクセス回線とし、国際標準(ITU-T H.323)に準拠したIP対応のテレビ会議システムを多地点間で同時接続する、会員制のネットワークサービス「フレッツIP多地点サービス」を提供している。オプションのゲートウエイサービスを利用してITU-T H.320に準拠したISDN対応のテレビ会議システムや、NTTドコモが提供するFOMAのテレビ電話からの接続も可能となっている。

 今回同社では、海外との間にも多地点接続を実現できる回線網と接続装置などの設備、管理運用システムを整え、「フレッツIP多地点サービス」を海外拠点まで接続を延長する形で、「海外IPテレビ会議接続サービス」を開始した。「海外IPテレビ会議接続サービス」では、国内で利用する「フレッツIP多地点サービス」と同等の安定性/品質で、海外のIPテレビ会議システムと国内の拠点のIPテレビ会議システムとの間を、1対1もしくは多地点間でテレビ会議接続を行なうことができる。

 海外サービス用の国際回線と同社の「フレッツIP多地点サービス」の回線とを接続し、海外拠点では海外アクセス回線から接続するだけで、「フレッツIP多地点サービス」と接続することができる。また、国内の拠点と同様に、NTTビズリンクのネットワークオペレーションセンターでのサポートが提供される。なおサービスの利用には、国内での「フレッツIP多地点サービス」の利用が条件となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 個別見積

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「テレビ会議/ビデオ会議」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テレビ会議/ビデオ会議」関連情報をランダムに表示しています。

「テレビ会議/ビデオ会議」関連の製品

ポリコムのビデオ会議ソリューション 【ポリコムジャパン】 テレビ会議システム EVCシリーズ 【アバー・インフォメーション】 マネージド・コラボレーションサービス COLLABO de! World 【IIJグローバルソリューションズ】 ビデオ・Web会議用カメラシステム VC520 ミーティングカメラPro 【アバー・インフォメーション】 Skype for Business 【日立システムズ】
テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議
小規模な会議にも活用できるビデオ会議ソリューション。表情や声のニュアンスまで伝わる品質の高さが特長。誰でも簡単に使うことができ、日常業務で気軽に活用できる ハイコストパフォーマンス、高画質を特長とするテレビ会議ソリューション。単拠点モデル、多拠点モデルを展開。H.323、SIPプロトコルに準拠。 Skype for Businessのユーザーは、端末側の設定変更や専用ソフトウェアを追加することなく、COLLABO de! Worldのビデオ会議に参加することが可能。 USB接続だけですぐに使えるビデオ会議用カメラシステム。12倍光学ズームPTZカメラ、フルHD1080p出力解像度、エコーキャンセラースピーカーフォンで高画質・高音質を実現。 コラボレーションを活性化するユニファイドコミュニケーションサービス。導入からネットワークインフラ構築までワンストップで対応。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010468


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ