日本テレコム、日本テレコムIDCを合併して国際通信の基盤を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本テレコム、日本テレコムIDCを合併して国際通信の基盤を強化


掲載日:2005/05/16


News

 日本テレコム株式会社は、同社を存続会社として日本テレコム・アイディーシー株式会社と合併すると、発表した。

 日本テレコムIDCは、5月1日に旧日本テレコムIDC株式会社から新設分割され、旧会社が提供してきた電話/データ/IP系サービスなどの通信事業/サービスを継承し、5月10日には日本テレコムの100%子会社となっている。旧会社の提供してきたデータセンター事業は、分割後、ソフトバンクIDC株式会社が継承している。

 日本テレコムは、国際通信の事業基盤を強化し、経営資源の適切化と経営意思決定の迅速化を図るため、日本テレコムIDCとの合併を決定した。これにより、ソフトバンクグループ内の通信事業各社との連携を密にし、電話/データ/IP系サービスにおける付加価値ソリューションを展開する。

 合併期日は2005年7月1日で、合併形式は日本テレコムを存続会社とし、日本テレコムIDCは解散する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データセンター運用」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データセンター運用」関連情報をランダムに表示しています。

「データセンター運用」関連の製品

System Center 2012 【日本マイクロソフト】 ハイパーコンバージド製品の導入メリットを比較検証 【EMCジャパン】 ハイパーコンバージドインフラの基礎解説と製品選びの指針 【EMCジャパン】 徹底比較:ハイパーコンバージド導入のコストと管理のメリット 【EMCジャパン】
データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用
従来型サーバー/データセンタ/プライベートクラウド/パブリッククラウド/クライアント・デバイスをカバーする、IT基盤構築と運用のための統合された管理基盤 話題の「ハイパーコンバージドインフラ」導入〜拡張まで徹底解説 ITインフラ最新技術「ハイパーコンバージェンス」を理解しよう ハイパーコンバージドインフラは本当に有効か? 検証資料を公開

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010407


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ