事例:クララオンラインがシスコのIPコミュニケーションを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:クララオンラインがシスコのIPコミュニケーションを導入


掲載日:2005/05/16


News

 シスコシステムズ株式会社と日本アイ・ビー・エム株式会社は、株式会社クララオンラインが、シスコのIPコミュニケーションを導入したと、発表した。なおシステムインテグレーションは、コベルコシステム株式会社が担当した。今回クララオンラインでは、呼制御を行なう機器としてサービス統合型ルーター「Cisco ISR 2800」シリーズを採用しており、同ルーターにより拠点間VPNも同時に実現している。

 クララオンラインは、サーバーホスティングを主力サービスとする企業。これまで名古屋を拠点にビジネスを展開していたが、2004年10月に東京に仮オフィスを開設し、2005年3月にはこれを拡張して東京での活動を本格化している。東京オフィスと名古屋オフィスとの間での円滑なコミュニケーションを実現することが、今回のIPコミュニケーション導入の最大の目的となっている。以前の名古屋オフィスでは、PBXベースの電話システムが利用されており、これとは別にデータ系ネットワークも設置されていた。今回のIPコミュニケーション導入を機に、データ系と音声系のネットワークを統合し、名古屋オフィスに設置されていたPBXは撤去した。

 今回、クララオンラインが構築したネットワークシステムでは、名古屋オフィスと東京オフィスの両方に「Cisco ISR 2821 CCME(Cisco CallManager Express)塔載モデル」を導入した。アクセス回線としてNTTの「Bフレッツ」を利用して、両拠点間をインターネットVPNで接続し、両拠点をまたがったIPコミュニケーション環境を実現している。各ルーターはPoEに対応しており、IPフォンに対する給電はイーサネットケーブルにより行なわれている。IPフォンとしては、名古屋オフィスには「Cisco IP Phone 7960G」を1台と「Cisco IP Phone 7912G」を7台、東京オフィスには「Cisco IP Phone 7960G」を2台と「Cisco IP Phone 7912G」を14台、導入している。

 「Cisco ISR 2821 CCME塔載モデル」は、IPコミュニケーションに必要なCallManager ExpressによるPBX機能と、拠点間の安全なデータ交換を可能にするVPN機能を、ルーター単体で提供できるため、機器数の少ないシンプルなネットワーク構成が可能となる。これにより、初期投資を抑え、ネットワーク管理の負担も軽減させることができる。また、IOS上でCallManager Expressの機能を実現しているため、IPコミュニケーションを専用の機器を追加せずに、利用することができる。

 さらに今回導入されたIPコミュニケーションでは、拠点間をまたいだ電話転送が可能なため、名古屋オフィスへのコールをそのまま東京オフィスの担当者につなぐことができる。各個人が利用するIPフォンに対して電話番号が割り振られているため、個人対個人の直接的なやり取りを容易に行なえるほか、ITソリューションとの連携や、データセンター内でのコミュニケーション円滑化も実現可能となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ルーター」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ルーター」関連情報をランダムに表示しています。

「ルーター」関連の製品

LTE通信モジュール内蔵 VPNルーター FutureNet NXR-G100 シリーズ 【センチュリー・システムズ】 LTE/3Gモジュール内蔵セルラールーター 『CTL-101JC / CTL-101JE』 【キャセイ・トライテック】 UNIVERGE IXシリーズ 【NEC】 SRXシリーズ 【ジュニパーネットワークス】 ワイヤレスアダプタ/ワイヤレスVPNルータ「UNIVERGE WA シリーズ」 【NEC】
ルーター ルーター ルーター ルーター ルーター
LTE通信モジュール内蔵の企業向けVPNルーター。3大キャリア対応。M2M(Machine to Machine) / IoT(Internet of Things)に必要な耐環境性 / 高信頼性 / 低消費電力を備えている。 M2M/IoT市場の様々なニーズに対応する無線通信ルーター。LTE/3Gネットワークを介しての無線データ転送機能や回線バックアップ機能を提供する。 各種VPN網に対応する高速アクセスルータ。OpenFlow 1.3.1に対応した「SDN Ready」製品であり、将来のSDNへの移行もスムーズ。 Junos OSに統合型脅威管理(UTM)と不正侵入防御(IPS)、クラウド/モバイル時代に必須のアプリケーションの“見える化“機能を統合可能な次世代のサービス・ゲートウェイ。 LTE回線や無線LANを活用し、多様なネットワーク構築を可能にする企業向けワイヤレスVPNルータ。
無線LAN AP内蔵モデル、LTE通信機能内蔵モデル等を用意。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010405


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ルーター > ルーターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ