トレンドマイクロ、「WORM_WURMARK.J」の危険度を“中”と発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


トレンドマイクロ、「WORM_WURMARK.J」の危険度を“中”と発表


掲載日:2005/05/13


News

 トレンドマイクロ株式会社は、ヨーロッパ、台湾、日本などで感染報告が確認されたウイルス「WORM_WURMARK.J」に“イエローアラート”を発し、危険度を“中”、VAC(脅威度)を5段階中の“3”としたと、発表した。同社では、不審なメールの添付ファイルは実行しないよう注意を呼びかけている。

 「WORM_WURMARK.J」は、メールの添付ファイルを通して感染するワーム。システムに自身をインストールし、差出人を詐称してワーム活動を行なう。また、他の不正プログラム「TSPY_AGENT.C」を作成する。キー入力操作情報を収集するため、情報漏えいの可能性がある。

 なお同社の製品は、パターンファイル2.627.00以降、“TMCM Outbreak Prevention Policy”174以降、“Damage Cleanup Template”596以降で、同ウイルスに対応している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

情報セキュリティSDK CYREN 【Jiransoft Japan】 今更聞けない「従来型エンドポイントセキュリティ」には何が足りなかったのか? 【シマンテック】 ランサムウェア対策ソフト 「AppCheck」 【Jiransoft Japan】 エンドポイント可視化で標的型攻撃を検出 【シマンテック】 エフセキュア プロテクション サービス ビジネス(PSB) 【ソフトバンク コマース&サービス】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
多数のグローバル企業で導入されている、アンチスパム、アンチマルウェア、URLフィルタリング、IPレピュテーションなどのセキュリティ機能を利用するための開発キット。 サイバー攻撃の高度化と巧妙化から、従来型の対策には限界が見えてきた。多層防御の強化は続けつつ、感染に備えた事後対応も用意したい。どう両立すればよいだろうか。 ランサムウェア対策に特化し、未知のランサムウェアの攻撃からPCを防御するセキュリティソフトウェア。無料評価版ダウンロードにより試用もできる。 狙われるエンドポイント――サンドボックスをもすり抜ける脅威と、どう戦うか Windows PC、Mac、スマートフォンなど、幅広いデバイスおよびサーバプラットフォームのセキュリティを保護可能な多機能セキュリティソリューション。サンドボックス搭載。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010393


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ