大塚商会、セキュリティ付きPDFを作成するシステムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


大塚商会、セキュリティ付きPDFを作成するシステムを発売


掲載日:2005/05/12


News

 株式会社大塚商会は、ワープロソフトや表計算ソフトなどの文書を変換し、セキュリティを付与したPDFを作成することができるシステムを、発売した。価格は、300万円から(コンサルティング費用別)となっている。

 今回発売されたシステムは、同社とアドビシステムズ株式会社、日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社の協業により提供されるシステム。「Adobe Server」を核に日立ソフトが開発した「Adobe Document Server with Renopulse」をもとに、大塚商会がセキュリティコンサルティング/文書管理コンサルティングとネットワーク構築を提供する。これにより、セキュリティの観点からユーザー独自の文書管理を効率的に行なうことができる。

 同システムはサーバーライセンス形式で、サーバー一式の導入コストのみで全社的にPDF生成環境を構築することができる。Webサーバーからクライアントモジュールをダウンロードさせる運用が可能で、数千人規模でも教育コストなどを抑えることができる。セキュリティ機能として、PDFを開くパスワードの設定、印刷/変更が禁止されたPDFファイルの作成、“社外秘”や“取扱注意”など任意の透かし文字の追加などの機能も備えている。PDF作成対応ファイルは、Word、Excel、PowerPoint(バージョン2000/XP/2003)、一太郎(2004)、PostScript、EPS(Encapsulated)となっている。


出荷日・発売日 2005年5月12日 発売
価格 3,000,000円〜(コンサルティング費用別)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

文書管理システム「活文 Contents Lifecycle Manager」 【日立ソリューションズ】 “デジタルトランスフォーメーション”を実践する方法 【アドビ システムズ 株式会社】 PDF文書管理 「DOCUMENT MARK」 【クラウドテクノロジーズ】 文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus 【住友電工情報システム】 文書管理ソリューション 「MyQuick」 【インフォコム】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
文書の作成、閲覧、保存、廃棄など、文書のライフサイクル全般の作業をパソコンで操作でき、ネットワーク経由でのやり取りを可能にすることで、業務を効率化する。 効率化の効果半減? デジタル化に潜む紙の呪縛から解放されよう 企業内の情報資産をPDF化し、安全に保管できるプラットフォームと、活用しやすい機能(管理や分類の自動化/高度な検索等)を提供するソリューション。 簡単登録、高速検索、高速表示、高セキュリティ。オフィス文書やPDFなど幅広いデータ形式に対応。ワークフロー機能も搭載。契約書管理やISO管理、e-文書法にも対応。 企業内のドキュメント情報を一元集約化し、いつでもどこでも必要な文書の検索を可能にするドキュメント管理システム。ファイル暗号化により、情報漏洩対策も万全。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010379


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ