クロスランゲージ、154万語辞書を備えた中国語翻訳ソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クロスランゲージ、154万語辞書を備えた中国語翻訳ソフトを発売


掲載日:2005/05/11


News

 株式会社クロスランゲージは、154万語の辞書を搭載し、業務用途に対応した翻訳精度を実現する中国語翻訳ソフト「蓬莱V5」シリーズ4製品を、6月10日より発売する。価格は、「蓬莱V5 for Windows」が2万8000円、中国語対応OCRソフト「CROSS OCR JC」を搭載し、紙の情報から翻訳できる「蓬莱V5+CROSS OCR JC for Windows」が3万3000円となっている。

 「蓬莱V5」は、中国語→日本語、日本語→中国語の双方向翻訳ソフト。インターフェースの“対訳エディタ”を一新し、従来のバージョンと比べて操作性が向上し、翻訳精度を向上させる機能を搭載している。“対訳エディタ”には、原文を翻訳しやすい状態に自動処理する“原文前処理機能”や、語のクリックで原文の語と訳語を連動表示する“訳語対応機能”、参照語の別訳語を表示する“別訳語参照・選択”、選択語の自動学習機能などを搭載している。

 基本語辞書は、時事用語を中心に中日30万語/日中36万語で、各々3万語ずつ見出し語レベルで辞書数を追加している。WordやExcelに加え、PowerPointにも対応している。PowerPointでは、翻訳による文の長さの違いを自動的に補正してレイアウトを保つ“レイアウト保持機能”も備えている。また、Internet Explorerのツールバーに、中国語を日本語に翻訳するボタンが追加されているほか、“ワンタッチ翻訳機能”により、画面の文字にマウスカーソルを合わせることで、翻訳して表示することができる。

 さらに、コンピュータ/電子電気/機械工学/化学/医療医学/金属/数学物理/航空宇宙/海洋船舶/貿易という10分野の専門語辞書を標準搭載したことにより、科学技術分野の本格的な翻訳を実行することができる。辞書引きソフト「ロボワード for蓬莱」をバンドルし、デジタル中国語辞典「吉林教育出版社 簡体字 日中/中日辞典」を収録している。ワンタッチ辞書引きや、あいまい検索も可能な検索ステーションで参照できるほか、ネイティブの音声データが含まれているため、単語の読み上げも可能となっている。


出荷日・発売日 2005年6月10日 発売
価格 「蓬莱V5 for Windows」:28,000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010359


IT・IT製品TOP > PCソフト > OCRソフト > OCRソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ