バッファロー、世界標準11aと11g/b対応の無線BBルーターを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


バッファロー、世界標準11aと11g/b対応の無線BBルーターを出荷


掲載日:2005/05/11


News

 株式会社バッファローは、2005年5月16日に改正が予定されている“電波法”に準拠した世界標準IEEE802.11a対応無線LAN製品として、IEEE802.11g/bとの同時使用が可能なブロードバンドルーター「WER-AM54G54」と、IEEE802.11g/bと切り替えが可能なブロードバンドルーター「WER-AMG54」を、5月中旬より出荷する。価格は、「WER-AM54G54」が1万6800円、「WER-AMG54」が1万3600円となっている。

 「WER-AM54G54」は、世界標準11aと11g/bを同時に利用可能なモデル。「WER-AMG54」は、世界標準11aと11g/bを切り替えて利用可能なモデル。世界標準11aは、欧米などと同じ世界標準に合わせ5.15〜5.25GHz帯の4個のチャネルを再配置するほか、新たに5.3GHz帯に利用可能なチャネルを4個配置している。これにより、無線クライアントを多く収容することや、通信帯域に余裕を持たせて配置することが可能となり、無線LANをより高速に利用することができる。

 また両製品とも、“AOSS”に対応しており、無線LANの接続設定/セキュリティ設定をワンタッチで行なうことができるほか、セキュリティはWPA-PSK(TKIP、AES)に対応している。ルーター設定では“らくらくセットアップ”機能も搭載しており、LANケ−ブルを接続すると本体が回線を自動判別し、環境に合わせて容易に設定を行なうことができる。

 なお同社は、両製品に無線LANカード「WLI-CB-AMG54」を同梱したモデル「WER-AM54G54/P」と「WER-AMG54/P」も、5月中旬より出荷する。価格は、「WER-AM54G54/P」が1万8800円、「WER-AMG54/P」が1万5700円となっている。なお「WLI-CB-AMG54」は、単体でも出荷され、価格は6300円となっている。「WLI-CB-AMG54」は、従来の11aと世界標準11aに両対応し、11g/bにも対応しているため、どのアクセスポイントとも接続可能となっている。セキュリティでは、AES、TKIP、WEPの暗号化方式と、WPA-PSK、“AOSS”にも対応している。ルーター/カード共に“SuperA/G”に対応し、高速な通信が可能となっている。


出荷日・発売日 2005年5月中旬 出荷
価格 「WER-AM54G54」:16,800円/「WER-AMG54」:13,600円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010348


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ルーター > ルーターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ