●NTT Com、公的個人認証サービスに対応したICカードリーダー/ライター発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●NTT Com、公的個人認証サービスに対応したICカードリーダー/ライター発売


掲載日:2005/04/28


News

 NTTコミュニケーションズ株式会社は、「公的個人認証サービス」に対応したICカードリーダー/ライター「SCR331DI-NTTCom」を、発売した。価格は、オープン価格となっている。

 「公的個人認証サービス」とは、インターネットを通じて行政機関への申請手続きなどを行なう際に、都道府県知事から発行された電子証明書により、他人によるなりすまし申請や通信途中での改ざんなどを防ぐサービス。現在、自治体単位で順次開始されている。電子証明書は住民基本台帳カードなどのICカードに搭載され、同ICカードを利用して自宅などのPCからの行政手続きがインターネットを通じて可能となる。同サービスで用いる住民基本台帳カードは、接触/非接触のインターフェースを持つ“コンビ型”と、非接触インターフェースのみの“非接触型”の2タイプがある。

 今回発売された「SCR331DI-NTTCom」は、接触/非接触の共用型で、どちらのICカードでも利用することができる。インターフェースはUSB 2.0、電源はUSBバスパワーを使用する。本体は幅70mm×奥行90mm×高さ16.55mmで、重さは約110gとなっている。財団法人自治体衛星通信機構が実施する「公的個人認証サービスに対応したICカードリーダー/ライターの適合性検証」に基づき、適合性を検証している。


出荷日・発売日 2005年4月26日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

高水準SSLサーバ証明書 SureServer/SureServer EV 【ソフトバンク コマース&サービス】 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 【シマンテック】 ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 【シマンテック】 モバイル向け端末認証サービス 「サイバートラスト デバイスID」 【ソフトバンク コマース&サービス】 AXIOLE 【ネットスプリング】
認証 認証 認証 認証 認証
世界で高い評価を受けるSSLサーバ証明書。証明書の発行にありがちな煩雑な手続きを極力省き、確かな企業審査を行った信頼性の高い証明書をスピーディに発行する。 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 私用スマートフォンと会社が貸与/許可した端末の識別を、デバイス証明書を利用することで、難なく実現するサービス。手間をかけずに安全なネットワークを運用できる。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010307


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ