●NTT Com、海外拠点のITシステムの管理サービスでエリア拡大などを実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●NTT Com、海外拠点のITシステムの管理サービスでエリア拡大などを実施


掲載日:2005/04/28


News

 NTTコミュニケーションズ株式会社は、企業の海外拠点に設置しているITシステムを効率的に管理する「グローバルITシステムマネジメントサービス」で、サービスエリアの拡大と提供メニューの拡充を、実施した。

 「グローバルITシステムマネジメントサービス」は、アジア地域を対象とした、企業内ITシステムの資産管理および監視サービス。予め設定したしきい値を超えた性能劣化や、セキュリティポリシーに合致しない動作を検知した場合は、ユーザー毎に通知する。監視に必要な機器やソフトウエアはNTT Comが設置するため、ユーザー側での設備投資やシステム構築に関わる負荷は発生しない。要望に応じてデータのバックアップサービスなども提供されるため、日常のオペレーション業務の軽減が可能となる。また、「ArcstarグローバルIP-VPN」のユーザーは、「グローバルITシステムマネジメントサービス」を合わせて利用することで、ネットワークやITリソースの監視を包含したワンストップによるオペレーションサービスを、効率的に利用することができる。

 今回、NTTアメリカ/NTTヨーロッパとの協業による北米/ヨーロッパオペレーションセンターの設立により、北米/ヨーロッパ地域へのサービスエリア拡大が実施された。これにより、ユーザー企業のITシステムを24時間365日体制で監視し、要望に応じて、海外拠点やデータセンター内のITシステムオンサイト保守も提供される。さらに、ユーザー企業専用のWebポータル上で、ITシステムの種別/バージョンなどの資産情報、使用率やトラフィック、パフォーマンスなどの統計情報、イベントログ、セキュリティ上の脆弱性診断結果を閲覧できる機能も提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】 非常駐型IT資産統合管理ツール「e-Survey+」 【ニッポンダイナミックシステムズ】 ソフトウェア資産管理ツール「SARMS」 【ARアドバンストテクノロジ】 エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。 エージェントレスでインベントリ収集。
ハード資産やソフトウェアライセンスと契約情報を紐づけ管理。 直感的な操作で運用負荷を軽減、低コスト・短期間でIT資産管理を実現。
ソフトウェア資産管理ツール。台帳登録された情報とIT資産管理ツールで収集したインベントリ情報を突き合わせ、適正なソフトウェア資産管理を実現する。 自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010301


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ