事例●NTT、NTT研究所が開発した情報漏洩対策ソリューションを本社ビルに導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例●NTT、NTT研究所が開発した情報漏洩対策ソリューションを本社ビルに導入


掲載日:2005/04/27


News

 日本電信電話株式会社は、NTT研究所が開発した「ストレージ・セントリック・セキュリティ・システム」の2005年度内での商用化に向けた取り組みを進めており、その取り組みの一環として、本社ビルに同システムを2005年度から全面導入すると、発表した(一部システムについては2004年度末に導入済み)。

 同システムは、できるだけ人手を煩わせずシステムでセキュリティをカバーできること、システム自体の管理稼働やランニングコストが膨大にならないこと、既存のシステム/業務を前提としており導入障壁が低いこと、といったポイントに着目し、エンドユーザーの利便性を損なわずに、システム管理部門の稼働削減に貢献する情報漏洩対策ソリューションとして、2005年度内の商用化を目指して実証段階に入る。

 同システムでは、デスクトップ端末のセキュリティ管理、データのバックアップ管理などのメンテナンス作業を効率化するために、ユーザーデータに加え、OSやアプリケーションといったソフトウエア資産もストレージで一括管理する。エンドユーザーは、ディスクレスのPC端末を利用する度に、センターのストレージに直接アクセスして既設の社内LAN経由で端末を起動する。ここでは「ストレージ・セントリック・ネットワーク技術」が適用されている。

 情報漏洩リスクの高いノートPCを利用する際には、外出先からリモートアクセス経由で、または会議室から無線LAN経由で、社内LAN上のディスクレス端末を遠隔操作で起動させる。ディスクレス端末は、各エンドユーザーが社内のデスクトップ端末を利用する際と同じOSやアプリケーションの環境で起動する。ノートPC上では、そのディスクレス端末上の画面イメージのみを閲覧/操作することで、リモートアクセス時の比較的狭帯域の通信速度での利用が可能となる。ノートPC側には、社内LANにリモートアクセスするためのVPN(IPsec対応)アクセス用ソフトウエアと、無線LAN(IEEE802.1x対応)アクセス用ソフトウエアのみが搭載され、ユーザー認証用のUSBキーを使用して、社内LANにアクセスする技術「セキュア企業網アクセス制御技術」が適用される。

 さらに同システムでは、ドキュメント管理システムとしてNTTアドバンステクノロジ株式会社の「Smart Leak Protect」を採用し、各ユーザーのファイル操作をセキュリティポリシーに従って監視し、違反操作を検出した場合に業務管理者に通知するほか、外部記憶媒体への重要データのコピーを禁止する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

「デジタルワークスペース」が安全な働き方改革を実現する道筋 【ヴイエムウェア+他】 デバイスの利用禁止/接続先ネットワークの制限 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 「セキュリティイノベーター」がビジネスを動かす、IoT時代に欠かせない人材とは 【富士通株式会社】 超高速秘密分散ソリューション 「SYMPROBUS Divide API」 【アクモス】 アンチウイルスだけには頼れない、最新ランサムウェアに対する対処法は? 【Ivanti Software】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
働き方改革を機にリモートワークを導入する企業が増えつつあるが、ここでも課題となるのがセキュリティ対策だ。リモートワークの利便性とセキュリティを両立する手法とは。 スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限
Wi-Fi制御、VPN利用の強制
マルウェア対策製品と連携し、感染PCのネットワーク通信を自動遮断、感染拡大を防止
「セキュリティイノベーター」がビジネスを動かす、IoT時代に欠かせない人材とは 電子ファイルを解読不能な断片に超高速で分散するクラウドAPIサービス。暗号化とは異なり、断片ファイルが漏えいしても解読は不可能。DR対策や複数人認証にも応用できる。 アンチウイルスだけには頼れない、最新ランサムウェアへの対処法は?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010285


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ