事例●NECとAT&T GNS、オムロンの社内音声ネットワークのVoIPを構築

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例●NECとAT&T GNS、オムロンの社内音声ネットワークのVoIPを構築


掲載日:2005/04/26


News

 日本電気株式会社とAT&Tグローバル・サービス株式会社(AT&T GNS)は、オムロン株式会社の国内の事業所/支店/営業所/工場など81拠点、電話台数1万台規模を対象とした社内音声ネットワークのVoIPの構築を行ない、同システムが本格的に稼働を開始したと、発表した。

 オムロングループのVoIPへの移行は2004年11月より順次実施され、音声切り替えテストなどを経て、2日間という短期間で全国81拠点/電話台数1万台規模の切り替えが行なわれた。同プロジェクトでAT&T GNSは、プロジェクト管理、ネットワーク設計、機器/回線選定、運用構築、運用支援などを担当した。またNECは、SIPサーバーやVoIPゲートウエイといったVoIP機器の導入を担当した。

 センター拠点では、NECのSIPサーバー「UNIVERGE SV7000」を導入するほか、各拠点の既存PBXにNECのVoIPゲートウエイを接続する方式を採用し、音声とデータの統合を実現している。さらに、データネットワークでは、既存のIP-VPN網を継続利用しながら、機器の老朽化対応およびアクセス回線の最適化が行なわれている。これらにより、初期投資の低減に加え、ネットワーク関連機器の効率的活用を実現している。社内ユーザーは、電話のかけ方(内線/外線)、電話番号、保留、転送などの利用方法に変更がないため、従来と同様に使用することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010261


IT・IT製品TOP > 通信サービス > VoIP > VoIPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ