●NRIセキュア、セキュアファイル交換サービスにアドレス指定送信機能を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●NRIセキュア、セキュアファイル交換サービスにアドレス指定送信機能を追加


掲載日:2005/04/21


News

 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社は、インターネット上でファイルの交換を安全に行なうことができる「クリプト便」で、メールアドレスを持つ任意の相手にも「クリプト便」サーバーを介してメール/ファイル送信できる“アドレス指定送信機能”を追加し、4月26日より開始する。同機能は、「クリプト便」基本契約メニューのうち、月額2万円の「エントリー」を含めた全てのメニューにオプションとして追加でき、価格は月額3万円からとなっている。

 「クリプト便」は、盗聴や改ざん、情報漏えいといったメールの脅威への対策として、インターネット上で安全にファイル交換を行なえるASPサービス。ソフトなどのインストールは不要で、インターネット接続環境とWebブラウザがあれば、送受信と保管データを暗号化し、安全に情報をやりとりできる。申し込みから短期間(通常1営業日)で利用可能となる。従来は、誤送信の防止などのセキュリティ面を重視し、予め登録されたユーザー間に利用が限定されていた。今回追加される“アドレス指定送信機能”により、高いセキュリティを確保しながら、事前登録していない受信者にも安全に情報を送信することができる。

 “アドレス指定送信機能”では、送信者が、Webブラウザでクリプト便の“アドレス指定送信”画面より、送り先のメールアドレスを入力し、ファイルを添付して送信する。その際に暗号キーと、暗号キーのヒントのセットが可能となっている。受信者は、メッセージと添付ファイルを受け取るためのURLをメールで受信する(暗号キーやヒントは文面に含まれない)。受信者は、送られたURLで受信専用の「クリプト便」サイトへログインし、送信者がセットした暗号キーを使用して、メッセージと添付ファイルを取得する。暗号キーのヒントは画面に表示される。

 メッセージと添付ファイルを受け取るためのURLは、送信されたメッセージ/添付ファイルの受信のみにしか使えない特殊なURLで、暗号化された内容を復号するためには暗号キーが必要となる。受信専用の「クリプト便」サイトでは、従来と同様に、送受信経路およびメッセージと添付ファイルは暗号化されており、キーの入力で内容が復元される。その際、送信者がセットしたヒントを画面で見ることが可能となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 月額30,000円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL 【ソフトエイジェンシー】 ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection 【日立ソリューションズ】 Vormetric暗号化/トークナイゼーション 【タレスジャパン】 個人情報検出・管理ソフト 「PCFILTER」 【Jiransoft Japan】 機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。
鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。
ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。
流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。
ファイルサーバ・データベース・クラウドといった環境における機密情報の暗号化/トークン化ソリューション。情報漏えいを防ぎ、企業の情報セキュリティを向上する。 マイナンバーや個人情報などの重要情報を含むファイルをPCやネットワークドライブから素早く見つけ出し、適切な対処と情報管理を行う。ソフトウェアのほか、SaaSでも提供。 様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010226


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ