●東芝、有線LAN経由で遠隔操作や監視が可能なデータプロジェクタなどを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●東芝、有線LAN経由で遠隔操作や監視が可能なデータプロジェクタなどを発売


掲載日:2005/04/21


News

 株式会社東芝は、DLP方式のデータプロジェクタ「TDP-TW300」、「TDP-T98」、「TDP-S25/SC25/SW25」を、4月27日より順次発売する。価格は、「TDP-TW300」が62万7900円、「TDP-T98」が36万5400円、「TDP-S25/SC25/SW25」がオープン価格となっている。

 「TDP-TW300」は、輝度3000ルーメンのXGA対応データプロジェクタ。有線LANを経由してPCで、電源ON/OFFや入力切換、ミュートなどの遠隔操作や、ランプ使用時間などの状態監視が可能な“PJLink機能”を搭載している。同機能搭載機であればメーカーを問わず、ネットワークに100台までのデータプロジェクタを接続し、同時に操作や監視を行なうことができる。IEEE802.11b/g準拠の無線LAN機能も搭載し、PCからの画像転送や複数PCによる交代使用も可能となっている。フォーカス調整や台形歪み補正を自動的に行なう“イージーセットアップ機能”を備えているほか、PCカードスロットとメモリー対応USB端子も搭載し、JPEGデータの直接読み込み/投写も可能となっている。

 「TDP-T98」は、色補正回路“ナチュラルカラーエンハンサ”を採用した、輝度2500ルーメンのXGA対応データプロジェクタ。RGB入力端子やビデオ入力端子を2系統ずつ搭載している。「TDP-S25/SC25/SW25」は、輝度1600ルーメンのSVGA対応データプロジェクタ。「SC25」は着脱式書画カメラを、「SW25」は無線LANとJPEGデータの直接読み込み機能を搭載している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010221


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ