●富士通、高画質化テクノロジー“Dixel”を搭載したデスクトップPCを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●富士通、高画質化テクノロジー“Dixel”を搭載したデスクトップPCを発売


掲載日:2005/04/21


News

 富士通株式会社は、同社のオールインワンデスクトップPC「FMV-DESKPOWER」シリーズのラインアップを一新し、“見る・録る・残す”を高画質で利用できる全4シリーズ14機種を、発売した。価格は、全てオープン価格となっている。

 「TX」シリーズは、液晶テレビと同等の性能を持ち、広視野角対応の32インチワイド“低反射ハイビジョン液晶”(1360×768ドット)を採用した液晶一体型のデスクトップPC。高音域専用のスピーカーと2つのサブウーファーを組み合わせた“3Dスピーカーシステム”を搭載している。アナログテレビチューナーを2基搭載することにより、2番組を同時に見ることや、同時に録画する“ダブル録画”や“裏番組録画”に対応している。「TX90L/D」では、2つのアナログ放送に加え、デジタル放送の番組も同時に録画できる“トリプル録画”に対応している。見る位置に合わせて画面の角度を調整できる“チルト構造”を採用するほか、PC本体の下部にキーボードの収納スペースが用意されている。ダブルハードディスク方式を採用し、「TX90L/D」では約500GBの大容量化も実現している。

 コンパクト液晶一体型PC「LX」シリーズでは、操作性を考慮し、DVDドライブを本体前面へ配置するなどデザインが一新され、17インチ液晶搭載モデルに加え、20インチワイド液晶搭載モデルもラインアップに追加された。20インチワイド液晶搭載モデル「LX90L/D」は、デジタルハイビジョンテレビチューナーを搭載し、デジタル放送のハイビジョン画質での視聴/録画や、デジタル放送とアナログ放送の2番組を同時に録画する“ダブル録画”にも対応している。同シリーズ全機種で、高輝度/高色純度/高速応答に対応した“スーパーファインVX液晶”を搭載している。

 全シリーズで、独自技術と共通技術/ハードウエアとソフトウエアを組み合わせ、映像の入力から表示までトータルで高品質な映像を実現するテクノロジー“Dixel”を採用している。デジタル放送では、コンテンツを保護する同社開発の暗号化技術を採用したセキュアLSIを搭載し、デジタル放送のハイビジョン画質での視聴/録画に対応している。アナログ放送では、受信映像をデジタル変換し、表示までフルデジタルで高画質化処理が行なわれる。

 また、電源オフの状態から約5秒で起動し、AV機能を使用できる“インスタントMyMedia”を搭載し、テレビ/DVD/録画番組の視聴やCD/音楽データの再生、テレビ番組の録画を、リモコン操作で行なうことができる。従来の“電子番組表予約”や“巻き戻し録画”などの録画機能に加え、新たにスポーツ番組の延長に自動で対応する“スポーツ延長録画”や、録画したいテレビ番組をキーワードから自動的にリストアップする“オート検索“といった機能も搭載している。さらに、リモコンのデザインも一新され、AVコンテンツを容易に検索できる文字入力対応に加え、使用頻度の高いソフトの起動ボタンや十字キーを中央に配置するなど、操作性が向上している。


出荷日・発売日 2005年4月19日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010209


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ