●NECとネオジャパン、SIPサーバーとグループウエアを連携させた製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●NECとネオジャパン、SIPサーバーとグループウエアを連携させた製品を出荷


掲載日:2005/04/21


News

 日本電気株式会社と株式会社ネオジャパンは、NECのSIPサーバーとネオジャパンのグループウエアを連携させ、企業のコミュニケーション効率向上を図る「UNIVERGE desknet’s連携ソリューション」を、4月26日より出荷する。

 「UNIVERGE desknet’s連携ソリューション」は、NECのSIPテレフォニーサーバー「UNIVERGE SV7000」とネオジャパンのグループウエア「desknet’s」を連携させたソリューション。IP電話と業務システムの連携を実現するWebコラボレータ「VCOLLABONET for SV7000」を活用し、製品連携の検討開始から約4ヵ月で商品化された。

 同ソリューションにより、「desknet’s」の電話帳の番号を押すだけで電話をかけることができるほか、「desknet’s」のスケジュール機能で担当者の名前を押し、相手の電話番号を選択することで電話をかけることができる。また、「UNIVERGE SV7000」で制御する電話の発着信の履歴を「desknet’s」上に表示させ、相手の電話番号を押すことや、「desknet’s」の伝言メッセージ機能で伝言の内容を確認し、連絡先の電話番号を押すことでも、電話をかけることができる。

 なお、50ユーザーで「UNIVERGE SV7000」と「VCOLLABONET for SV7000」、「desknet’sスタンダード版/UNIVERGE連携オプション」を新規に導入した場合の価格は、273万円からとなっている。


出荷日・発売日 2005年4月26日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

P2NetEX(ピーツーネットイーエックス) 【ネットパイロティング】 グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツ ネオ)」 【ネオジャパン】 サイボウズ リモートサービス 【サイボウズ】 クラウドグループウェアサービス 「desknet's NEO クラウド版」 【ネオジャパン】 desknet's NEOの乗り換え問題も1ユーザー150円のサービスで解決 【リスモン・ビジネス・ポータル】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
本部店舗間のコミュニケーション基盤の強化、店舗の作業負荷軽減を実現する多店舗・多拠点専用のSaaS版グループウェア。オンプレミス版も提供。 HTML5採用で、わかりやすく見やすいインターフェースを実現したグループウェア。全25の豊富なアプリケーションに加え、扱いやすいユーザ/組織管理機能、国際化対応も実装。 社内LANのセキュリティ環境を変えずに、社内のサイボウズ製品やその他Webシステムへ、パソコン・スマートフォン・携帯電話などからアクセスできるネットワーク環境を提供。 グループウェア「desknet's シリーズ」のクラウド版。更に使いやすさを追求した定番グループウェアを圧倒的な低価格で提供。 363万人超のユーザーが利用するグループウェア desknet's NEO のクラウドサービス版。メール・スケジュール・ワークフローなど、全25機能が利用可能。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010206


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ