●日本事務器など、ERPとSIP対応IP電話システムを連携させるシステムを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●日本事務器など、ERPとSIP対応IP電話システムを連携させるシステムを発表


掲載日:2005/04/20


News

 日本事務器株式会社(NJC)、NJCネットコミュニケーションズ株式会社、オー・エイ・エス株式会社の3社は、NJCのERPパッケージ「CORE Plus」シリーズにマルチラインポップアップ対応アプリケーション「DeCall」を連携させた「COREPlus DeCall」を、発表した。

 「COREPlus DeCall」は、ERPパッケージとIP電話システムを連携させ、電話/データ処理の融合を実現したシステム。顧客対応の最前である電話から、基幹システムまでのシームレスな業務処理が可能になり、通信/運用コストの削減に加え、業務改善や業務処理時間の軽減、顧客対応力などの向上を図ることができる。マルチライン着信機能を備え、電話/メール/ファックス/Web/携帯電話といったマルチチャネルに対応しているほか、顧客コンタクトデータベース統合管理(顧客情報/コンタクト履歴情報)や、複数電話番号対応機能、内線情報機能、在席情報機能などが提供される。

 「CORE Plus」の販売管理情報との連携も可能で、基幹系の販売管理の各種入力/検索を行なうこともできる。また、電話受付時に、得意先の受注/売上伝票の入力が容易になる機能を備え、取引明細問い合わせや得意先情報問い合わせ、商品在庫状況問い合わせが可能となっている。これにより、ソフトフォンやプレゼンスサービス、電子電話帳、アプリケーション連携、ユニファイドコミュニケーション、IPコンタクトシステム、「FOMA」連携ソリューションといった「SIP対応IP電話サービス」で従来より利用できていた機能に加え、ビジネスポータルシステム連携やグループウエア連携、電子会議システム連携、PDA連携ソリューションなどが利用可能となる。

 なお価格は、「COREPlus・DeCall」サーバーとSIPテレフォニーサーバー、IP電話連携ソフト「COREPlusソフト」(5クライアント)、導入指導料のフルセットで690万円からとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 6,900,000円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010194


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP電話 > IP電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ