●日本HP、ワークステーション並のグラフィックス処理ができるノートPCを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●日本HP、ワークステーション並のグラフィックス処理ができるノートPCを発売


掲載日:2005/04/19


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、ワークステーションと同等のグラフィックス処理性能を搭載したハイエンドノートPC「HP Compaq nw8240 Notebook PC」3モデルを、4月21日より順次発売する。

 「nw8240」は、15.4インチワイドスクリーンや「モバイル915PM Express」チップセットに加え、高速描画/省電力に優れたグラフィックスチップ「ATI Mobility FireGL V5000」を搭載したハイエンドノートPC。「ハイパフォーマンスモデル」は、Pentium Mプロセッサ770と、2GBおよび1GBのメモリーを搭載したハイスペックモデル。現場や外出先でのCADやCGといった高度なアプリケーションの操作/表示を必要とする業務に適しており、ディスプレイ表示は、WUXGA(1920×1200ドット)に対応している。「エントリーモデル」は、Pentium Mプロセッサ740や512MBのメモリーを搭載し、ディスプレイ表示にWSXGA+(1680×1050ドット)を採用したモデル。価格性能比に優れており、強固なセキュリティや管理機能を搭載している。

 3モデルとも、各種セキュリティ機能を1つのインターフェースで一括管理できる「HP Protect Tools」セキュリティマネージャを搭載しており、従来はBIOSで設定していたUSBポートの有効/無効をOS上で変更することや、スマートカードなどのセキュリティデバイスの利用を1つのインターフェース上で一括設定/管理することができる。また、ハードディスクドライブは本体に3点で固定され、ディスプレイを閉じると自動的にハードディスクドライブの回転を止める“モバイルデータプロテクションシステム”を採用している。これにより、衝撃の積み重ねから生じる障害を抑えることができる。パームレストには防弾素材の“レキサン”が採用され、本体に傷がつきにくくなっている。

 さらに、「ドッキングステーション」や「セカンダリトラベルバッテリ」といった各種オプション製品は、他のノートPCとの共有が可能となっている。周辺環境に合わせてディスプレイの明るさを自動調整する“周辺光センサ”も搭載している。なお価格は、2GBのメモリーを搭載した「ハイパフォーマンスモデル」が39万8000円、1GBのメモリーを搭載した「ハイパフォーマンスモデル」が29万8000円、「エントリーモデル」24万8000円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010186


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ