事例●日本化学工業がSSJの統合業務パッケージ「SuperStream」などを選定

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例●日本化学工業がSSJの統合業務パッケージ「SuperStream」などを選定


掲載日:2005/04/18


News

 エス・エス・ジェイ株式会社と東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(B-EN-G)は、日本化学工業株式会社が同社のシステム刷新に伴い、B-EN-GのERP「MCFrame」とSSJの統合業務パッケージ「SuperStream」を選定したと、発表した。

 日本化学工業は、無機化学品や電子材料、有機化学品、農薬、医薬中間体などの製造販売/輸出を手がけている。同社の社内システムは、自社開発と運用を約35年続けてつぎはぎ状態になり、伝票会計方式のため会計処理の時間短縮に限界があった。旧システムのリースが切れた2004年にシステム刷新に着手し、生産管理/原価管理システムには「MCFrame」、財務会計/人事給与システムには「SuperStream-CORE」シリーズを採用した。選定にあたり、日本独自の業務慣習が標準機能として搭載されている国産パッケージが適当と判断し、システム導入費用も海外製品に比べ抑えることができ、投資対効果も明確であることから、今回の採用に至った。

 これにより日本化学工業では、レガシーシステム/Web系システムとの情報連携による“ベストオブブリード”型システム導入による情報連携に成功し、海外製パッケージによる“ビックバン導入”に比べ、導入費用削減を実現した。同社はパッケージ製品とレガシーシステムを融合させ、システム相互の情報共有により社内業務プロセスの透明化を行なった。また、品質管理/受注システムと「MCFrame」の生産管理システム間のインターフェースを開発し、「SuperStream」と「MCFrame」の間でも各々のデータベース公開によりデータの交換を行ない、各システム同士の連携も実現した。今後日本化学工業では、業務プロセスそのものの見直しを行ない、月次決算の早期化/生産効率の向上を目指す。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「生産管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「生産管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「生産管理システム」関連の製品

FutureStage 製造業向け生産管理システム 【日立システムズ】 生産管理システム AMMIC/NetP 【電通国際情報サービス】
生産管理システム 生産管理システム
生産管理・販売管理・在庫管理・技術管理・購買管理がシームレスに連携した製造業向け基幹業務統合ソリューション。 組み立て系からプロセスまで、製造業の幅広い業種に対応する純国産の生産管理パッケージ。様々な管理指標の切り口での正確な原価の把握を可能にする。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010177


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 生産管理システム > 生産管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ