●日本BEA、EIP「BEA WebLogic Portal」と連動するクリッピングツールを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●日本BEA、EIP「BEA WebLogic Portal」と連動するクリッピングツールを発売


掲載日:2005/04/18


News

 日本BEAシステムズ株式会社は、エンタープライズポータル基盤「BEA WebLogic Portal」と連携して動作する、デンマークKapow Technologies A/Sのクリッピングツール「Kapow RoboSuite」を、「BEA WebLogic Portal」のアドオン製品として「Kapow RoboSuite,BEA WebLogic Edition」の製品名で、発売した。

 「Kapow RoboSuite,BEA WebLogic Edition」は、Webアプリケーション統合ソリューション「Kapow RoboSuite」と、効率的なポータル開発が可能なポータル基盤「BEA WebLogic Portal」を連携させた製品で、米BEA Systems,Inc.とKapow Technologiesの間で結ばれたグローバル提携に基づいて日本BEAが発売する。ポータルアプリケーションの開発で従来必要とされた作業工程を80%削減し、開発時間を短縮することができる。また、「Kapow RoboSuite」を利用して単一エンタープライズポータルシステムへの統合化を図ることで、迅速/低コストでビジネスの価値や顧客経験価値を向上させることが可能となる。

 「Kapow RoboSuite」ソリューションは、「Kapow RoboSuite,BEA WebLogic Edition,Web Clipping Version」と「Kapow RoboSuite,BEA WebLogic Edition,Full Version」という2つの製品で構成される。「Kapow RoboSuite,BEA WebLogic Edition,Web Clipping Version」は、コンテンツクリッピング機能“Web Clipper”を提供するほか、「BEA WebLogic Portal」用ポートレットの作成機能も備えている。

 「Kapow RoboSuite,BEA WebLogic Edition,Full Version」は、“Web Clipper”に加え、さまざまなWebソースからコンテンツやデータを、データベースやCMS(コンテンツ管理)システムに自動集約する“Web Collector”や、APIまたはWebサービスインターフェースにより、ビジネスロジックやデータをイントラネット/インターネット上で統合する“Web Integrator”といった機能も搭載している。なお価格は、「Kapow RoboSuite,BEA WebLogic Edition,Web Clipping Version」が1 CPUあたり230万円、「Kapow RoboSuite,BEA WebLogic Edition,Full Version」が1 CPUあたり540万円となっている。


出荷日・発売日 2005年4月11日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010176


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > EIP > EIPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ