●EMC、データ保護を向上させるバックアップ/リカバリソフトウエアを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●EMC、データ保護を向上させるバックアップ/リカバリソフトウエアを発売


掲載日:2005/04/18


News

 米EMCコーポレーションは、中小規模(SMB)および分散型の企業向けに、バックアップ/リカバリソフトウエア「EMC Dantz Retrospect 7 Windows版」を、発売する。

 同製品は、「Retrospect 7 Multi Server」、「Retrospect 7 Single Server」、「Retrospect 7 Small Business Server」、「Retrospect 7 Disk-to-Disk」という「Retrospect 7」の新バージョン4種類を含んでいる。直観的なウィザードにより、異機種混在環境のサーバー、デスクトップ、ノートPCで、設定/バックアップ/リストア/メディア複製を効率的に実行することができる。ディスクからディスクに加え、テープへのバックアップ機能の向上により、迅速なオンサイトリストアに向けたディスクバックアップや、安全なオフサイトストレージに向けたテープへの自動転送も実現している。

 ユーザー/アプリケーション/ネットワークへ影響を及ぼさずに、統合フルバックアップを、既存のディスクバックアップからテープに作成できるほか、古いデータの削除により、ディスクバックアップが確実にディスク容量に収まるように自動調整が可能となっている。また、ファイバーチャネルおよびiSCSIテープバックアップデバイスをサポートしているほか、Red Hat Linux/SUSE Linux/Mac OS Xの新バージョンをサポートしている。Exchangeサーバーの保護機能の拡張により、メッセージレベルで各パブリックフォルダのバックアップ/リストアも実現するほか、バックアップメディアに対する128ビットAESデータ暗号化機能により、セキュリティが向上している。

 なお、同ソフトの家庭/個人オフィス向け製品も発売される。同製品は、「Retrospect 7 Professional」および「Retrospect 7 Disk-to-Disk」を含んでいる。設定/バックアップ/リストア/メディア複製を効率的に実行するためのウィザード機能が強化されているほか、即座にバックアップを実行するための“ホット・キー/タスク・バー”機能を備えている。バックアップが確実に内部または外付けハードドライブに収まるよう調整するためのデータの自動削除が可能なほか、静止画/動画/音楽/ドキュメント用の新しいフィルタ機能により、時間とディスク容量を節約することができる。さらに、8GBの2層DVDをサポートしているほか、バックアップメディアに対する128ビットAESデータ暗号化機能を備えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 「15分以内の復旧」Veeam Backup & Replication 【ヴィーム・ソフトウェア】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 ハイパーコンバージドとバックアップの統合VCE VxRail Appliance 【EMCジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 DRとして仮想化システムやデータのバックアップを取ったものの、有事の際、本当に正常に再稼働できるのか。「やっているつもり」のDRから脱却する手頃な方法とは。 ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 効率的なインフラ構築に役立つ「ハイパーコンバージドインフラ」。しかし導入の際には、データ保護に関して従来とは異なる工夫が必要になる。それは何か。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010169


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ