事例●ミスミがデジタル素材販売サイトでエンプレックスの統合CRM製品を採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例●ミスミがデジタル素材販売サイトでエンプレックスの統合CRM製品を採用


掲載日:2005/04/15


News

 エンプレックス株式会社と株式会社エム・ファクトリーは、株式会社ミスミビジュアルメディア事業部「Multi-bits」において、エンプレックスが開発する国産統合型CRMパッケージ「eMplex CRM」が採用され、エム・ファクトリーにより導入が行なわれたと、発表した。

 「Multi-bits」は、“購買代理店”をコンセプトに、金型部品やFA部品、エレクトロニクス部品などの通信販売を行なうミスミによるプロフェッショナルデザイナー向け事業。画像/動画/音声などのデジタルポジ、DTPサプライやソフトウエア、フォントなど、DTPやWeb関連の仕事に必要なあらゆる素材をワンストップで提供している。

 今回ミスミが採用した「eMplex EM」は、エンプレックスが開発し、エム・ファクトリーが販売を行なう、統合型CRMパッケージソフト「eMplex CRM」シリーズのeマーケティングモジュール。Webフォームに集まる顧客からのアクションを一元的にCRMデータベースに統合/管理し、さまざまなメール配信やアンケート作成、クーポンチケット発行などの顧客ロイヤルティ向上ツールが提供される。また、さまざまな切り口でのセグメンテーション機能によりOne to Oneコミュニケーションを実現し、企業Webサイトのマーケティング効果を向上させることができる。

 「eMplex EM」導入にあたっては、管理者画面インターフェースの優れた操作性や、メールに加えWebアンケート機能も標準搭載した、総合的なeマーケティングを実施可能な点が評価された。さらに、今後の会員サービス拡充に向け、一元化されたCRMデータベースを中心にサポート業務なども支援する「eMplex CRM」シリーズの拡張性も、採用の決め手となった。「Multi-bits」では「eMplex EM」の採用により、メールマガジン/Webアンケートを通した、顧客ニーズ収集と顧客ニーズに応える情報提供、販促活動など、“購買代理店”のコンセプトに基づき、詳細なOne to Oneでのマーケティング活動を強化していく。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

Zoho CRM 【ゾーホージャパン】 EMOROCO(エモーショナルCRMソリューション for Dynamics CRM) 【アーティサン】 フーターズに聞く、リピート顧客獲得のためのO2O戦略 【KDDI】 Oracle Service Cloud 【日本オラクル】 Oracle Sales Cloud 【日本オラクル】
CRM CRM CRM CRM CRM
世界で5万社が利用するクラウド型の顧客管理・案件管理システム。各プロセスの業務効率化と経営情報の見える化を実現。低コストで導入でき、規模や用途も柔軟に選択可能。 顧客の感情(心)及び、企業が新しくマーケットインするための情報を“見える化“できる、AIを搭載したCRM。 フーターズに聞く、リピート顧客獲得のためのO2O戦略 Webサイト、メール、ソーシャル、コールセンターの様々なチャネル(顧客接点)におけるカスタマー・サポートを提供するクロスチャネル型クラウドソリューション。 エンタープライズクラスの最新の営業機能を網羅した顧客管理/営業支援システム。SaaS型クラウドサービスとして提供。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010163


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ