新技術●日立製作所、広域災害に対応したディザスタリカバリ技術を開発

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


新技術●日立製作所、広域災害に対応したディザスタリカバリ技術を開発


掲載日:2005/04/14


News

 株式会社日立製作所は、広域災害が起きた場合に、離れた場所に設置したバックアップサイトで業務を再開するディザスタリカバリシステムの高信頼化/低コスト化技術を、開発した。

 同システムにより、東京/大阪間など数百km離れた都市間でも、災害時に100%のデータバックアップが可能なほか、従来に比べ40%のデータ転送量でディザスタディスカバリを実現することができる。今回の開発には、文部科学省が平成15年度から実施しているリーディングプロジェクト“e-Society基盤ソフトウェアの総合開発”の研究開発課題“先進的なストレージ技術”の研究開発成果が活用されている。

 災害時に100%データ転送を補償するためには、データベースの更新のたびに、更新ログとデータ本体を同期転送する必要がある。しかし、更新ログやデータ本体を転送するための通信待ち時間が距離に応じて大きくなるため、メインシステムの性能に影響を及ぼしていた。今回、データベースの更新ログのみを同期転送する「ハイブリッドデータ転送技術」が開発されたことにより、メインサイトの性能を90%確保しながら、100%データ転送の補償を実現した。

 また、データ本体の転送をする代わりに、リモートサイトにコピーされた更新ログを用いて、データ本体を逐次更新する「リアルタイムログ適用技術」も開発された。これにより、データ通信量が従来の半分以下に削減され、通信コストを約40%削減することが可能となった。なお、今回開発された広域災害対応のディザスタリカバリ技術は、同社のスケーラブルデータベース「HiRDB」での製品化が計画されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

数分で仮想マシンをリカバリー、新機能でバックアップ製品を強化 【ベリタステクノロジーズ】 クラウド対応バックアップ製品で物理・仮想環境を一元管理 【ベリタステクノロジーズ】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 緊急時に頼るバックアップだからこそ速さと安定 Rapid Recovery 【クエスト・ソフトウェア】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
クラウド対応はもう当然? 進化したバックアップの機能に迫る 3ステップで簡単設定可能 バックアップ運用負荷を圧倒的に削減 ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 2016年4月の熊本地震発生の前に、バックアップ環境の強化に取り組んでいたある組織が、震災発生後に安心して事業継続に取り組むことができた理由とは。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010134


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ