●デル、64ビットXeonプロセッサMPを搭載した4Wayサーバー2機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●デル、64ビットXeonプロセッサMPを搭載した4Wayサーバー2機種を発売


掲載日:2005/04/14


News

 デル株式会社は、同社のサーバー「PowerEdge」シリーズで、64ビットXeonプロセッサMPを搭載した4Wayサーバー「PowerEdge 6800/6850」を、発売した。最小構成価格は、「PowerEdge 6800」が71万1900円、「PowerEdge 6850」が79万650円(いずれも税込)となっている。

 「PowerEdge 6800/6850」は、デルが企業向けに推進する“スケーラブル・エンタープライズ戦略”を実現する、第8世代のサーバーラインアップの最上位機種。現行の32ビットアプリケーションと今後主流となる64ビットの両方に対応しており、システム投資を長期的に保護することができる。データセンターなどにおけるデータベース/ERP/CRM/アプリケーション統合といった、24時間365日の連続稼働を必要とするミッションクリティカルな基幹システムに適している。また、4Wayシステムながら、代表的なRISC/UNIX 8Wayシステムに比べ、TCOで1/2から1/3、パフォーマンスで最大11%の向上を実現し(同社試算による)、UNIXベースからIAベースシステムへの移行速度を向上させることができる。

 「PowerEdge 6800」はタワー型、「PowerEdge 6850」は高さ4Uで省スペース性に優れたコンパクトな本体を採用したラックマウント型となっている。両モデルとも、最大64GB(対応予定)のDDR2/400 ECC SDRAMメモリーと、「6800」で最大3.6TB、「6850」で最大1.5TBという高い拡張性を備え、メモリー/ファン/PCIスロット/NIC/電源/ハードディスクといった主要コンポーネントは冗長化やホットプラグに対応している。さらに、64ビットXeonプロセッサMPを最大4基搭載可能で、「E8500」チップセットの667MHzデュアルFSBにより、最大毎秒10.6GBのデータ転送速度を実現している。

 システム管理ソフトウエア「OpenManage」の新バージョン「4.3」も標準で搭載しており、遠隔地からのサーバー管理/運用の機能に加え、デルのWebページから最新のBIOSやドライバの情報を取得するといった変更管理の機能を搭載している。マイクロソフトの「System Management Sever 2003」などの管理ツールと連携し、「PowerEdge」サーバーのBIOS、コンポーネントのファームウエア、各種ドライバなどの情報の一元管理、セキュリティパッチやOSなどのソフトウエアの自動配布や計画更新が可能となる。


出荷日・発売日 2005年4月12日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他サーバー関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他サーバー関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他サーバー関連」関連の製品

監視・ログ管理サーバ GAZERシリーズ 【インフィニコ】
その他サーバー関連
記憶装置にフラッシュメモリを使用しディスクレス、ファンレスのスピンドルレス設計で安心の監視・ログ管理サーバ。故障機器を自動認識する「FaultLocator機能」搭載。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010132


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバー関連 > その他サーバー関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ