●NTT西日本、IP電話サービスと携帯端末を組み合わせたソリューションを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●NTT西日本、IP電話サービスと携帯端末を組み合わせたソリューションを提供


掲載日:2005/04/11


News

 西日本電信電話株式会社は、法人向けIP電話サービス「ひかり電話ビジネスタイプ」と3G携帯電話/無線LANデュアル端末などの携帯電話端末を組み合わせ、固定と移動、音声とデータを統合したオフィス環境を導入できる「モバイルIPセントレックスソリューション」を、「N.prosol」の新ラインアップとして提供する。概算費用は、約40万円からとなっている。なお同ソリューションでは、中小規模事業所向けメニューを6月より提供し、大規模事業所向けメニューも2005年度下期を目途に開始する予定。

 「モバイルIPセントレックスソリューション」は、社外では携帯電話としての通話、社内(構内エリア)からはIP電話による内線/外線通話を可能とし、通信費などのトータルコスト削減、IP電話での固定電話と同等の音声品質、ワークスタイルの変革による生産性の向上を実現するソリューション。中小規模事業所向けメニューでは、予めネットワークから機器、サイトサーベイ、設計、工事、保守までがパッケージ化されており、従業員50名程度の中小規模の事業所に適したシステムが、低コストかつ迅速に提供される。

 「ひかり電話ビジネスタイプ」を利用することで、外線通話/拠点間通話部分の通信コストの削減が可能なほか、携帯電話端末の活用により、オフィス内の固定電話機を個人毎に割り当てることが不要となり、レイアウト変更に伴う固定電話機の増設や移設によるコストを削減することができる。PBXや固定電話機などの既存設備を併用することも可能で、初期投資を抑えることもできる。

 また、外線通話/拠点間通話部分では、「ひかり電話ビジネスタイプ」を利用することで固定電話と同等の音声品質を実現するほか、オフィス内の無線LAN構築では、サイトサーベイの実施により、アクセスポイントの設置位置や空きチャネルの調査/選定を行ない、高い音声品質が提供される。使用するSIPサーバーや端末に認証/暗号化を実装することで、不正アクセスや盗聴、なりすましなどを防止することもできる。さらに、オフィス内の電話機を携帯電話端末に置き換えることで、電話の取り次ぎやかけ直しを防ぐほか、プレゼンス機能やインスタントメッセージ機能、電話帳参照機能など、社内システムやアプリケーション連携も可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 概算費用:約400,000円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010099


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP電話 > IP電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ