●アドス、「Eclipse」との親和性が強化されたXML統合開発環境の新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●アドス、「Eclipse」との親和性が強化されたXML統合開発環境の新版を発売


掲載日:2005/04/08


News

 株式会社アドスは、同社開発のXML統合開発環境の新バージョン「ADOS XMLStudio 2.0」を、4月18日より発売する。

 「ADOS XMLStudio 2.0」は、オープンソースJava開発環境「Eclipse Platform Release 3.0.1」に対応した統合開発環境。「Eclipse」との親和性が強化され、ドラッグ&ドロップなどの機能が拡充されており、柔軟なXML開発が可能となっている。XML文書や構造をリポジトリ化する機能により、XML文書を容易に作成することができる。Excelに対応したMS方式のXMLインポート機能や、“DTD Editor”などにより、各種XML文書の作成/編集をサポートする。「Standard Edition」では、ツリー表示で文書構造の確認編集を容易に行なうことができる。XML文書をDTD/W3C XML Schemaでリアルタイムに参照しながら、XML文書を編集/評価し、入力候補/形式の表示によりその編集をサポートする。また、ドラッグ&ドロップの強化により、XMLエディタ上のブラウザでのスタイル変換や、ファイルアクセスを簡便化する。プロパティエディタやアウトラインビューとの連動でも、「Eclipse」との親和性が強化されている。

 「Standard+Edition」は、「Standard Edition」の機能に加え、XML文書の作成を容易にする2つの機能が追加されている。“XMLリポジトリ”機能では、インターネット上のXML文書/構造をリポジトリ化し、リポジトリから新規ファイルを作成する。ウィザードの追加により、最新のXML標準をいつでも容易に作成することができる。Excelに対応したMS形式のXMLに、インポートする機能も提供する。「Developer Edition」は、「Standard+Edition」の機能に加え、直感的な操作が行なえる“Visual Designer”が追加されている。“XSD Designer”では、W3C XML Schemaに基づくXSDファイルを表示/編集することができる。さらに、ダイアグラムで構造の関係を視覚的に確認でき、レポート機能でサマライズすることが可能となっている。“DTD Editor”では、DTDソース編集、デザイナ−によるデータ構造の視覚化が可能で、ダイアグラムで構造の関係を視覚的に確認することができる。

 「Professional Edition」では、「Developer Edition」の機能に加え、「Apache Axis」に対応したWebサービスを容易に構築するウィザードや、WSDLからJavaソースの作成や、JavaソースからWSDLを作成する機能が追加されている。ネイティブXMLデータベースの「Tamino」、「Apache Xindice」をシームレスに接続し、GUIで容易に扱うことができる。ODBC/ADO/JDBC経由でデータベース情報をXML文書にインポートすることも可能となっている。


出荷日・発売日 2005年4月18日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010084


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発言語 > 開発言語のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ