提携●NECと米サン、日本およびグローバル市場での戦略的アライアンスを拡大

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携●NECと米サン、日本およびグローバル市場での戦略的アライアンスを拡大


掲載日:2005/04/07


News

 日本電気株式会社と米サン・マイクロシステムズ社は、日本およびグローバル市場における戦略的アライアンスの拡大に合意したと、発表した。今後両社は、互いの持つ製品や技術を持ち寄り、新たなソリューションや技術を共同で開発し、提供する。

 今回の協業で両社は、情報システム技術とネットワーク技術を組み合わせたSI領域で、高可用性/強度なセキュリティ/高いスケーラビリティを有するソリューションを、通信キャリアなどネットワーク市場に共同で提供する。サンのプラットフォーム上で稼働するNEC製の携帯電話事業者やサービスプロバイダ向けのマルチメディアインフォメーションプラットフォーム「NEMIP」を、アジア/ヨーロッパをはじめとしてグローバルに展開する。NECは、マルチベンダー環境でのサーバー統合(コンソリデーション)ニーズなど対応し、従来から対応しているHP-UX/Windows/Linuxに加え、サンのOSであるSolaris対応のSI力を強化するほか、Solaris環境でのオープンミッションクリティカルシステム(OMCS)技術を確立し、日本を含むグローバル市場に展開する。サンは、同協業領域で、日本および米国本社でのサポート体制を強化する。

 また両社は、情報漏えい対策とTCO(トータル運用コスト)削減を実現するために、NECのIPテレフォニー製品「UNIVERGE SV7000」とサンのシンクライアント「Sun Ray」を組み合わせた、情報システム技術とネットワーク技術の統合ソリューションを共同で開発し、日本と米国をはじめとしてグローバル市場に展開していく。NECは同ソリューションにおけるシステムを、次世代コンタクトセンターなどのCRMソリューションを実現するための主要なコンポーネントとして活用する。サンは、同ソリューションにおけるシステムを、「Sun Ray」に関する“リファレンスアーキテクチャ”(推奨システム)として位置付け、両社が共同でグローバルに販売する。両社は、「Sun Ray」技術とNECのネットワーク技術をもとに、モビリティとセキュリティを実現するクライアントシステムの技術検討も行なう。

 さらに、運用管理ソリューションの強化を図るため、NECのミドルウエア製品群「VALUMOウェア」の主要製品である「WebSAM MCOperations」および「DiosaGlobe MCOne」と、サンの「Java Enterprise System」を構成するミドルウエア製品との接続性を検証し、連携を強化する。個人情報保護を目的としたアイデンティティ管理ソリューションを強化するため、サンの「Sun Java System Access Manager」および「Sun Java System Identity Manager」と、NECのPKI製品との接続性も検証し、連携を強化する。自律コンピューティングやWebサービスなどの領域における技術検討も行なうほか、ミドルウエアでの協業をSPARC版Solarisからx86/x64版Solarisへ拡大していく。なお両社は、双方のソリューションセンターを強化し、ユーザーからの要求に対して効果的な事前検証やデモンストレーションなどを行なう。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「システムインテグレーション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システムインテグレーション」関連情報をランダムに表示しています。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010059


IT・IT製品TOP > 開発 > システムインテグレーション > システムインテグレーションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ