提携●オーシャンブリッジとドリコム、ブログと文書共有システムの連携で提携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携●オーシャンブリッジとドリコム、ブログと文書共有システムの連携で提携


掲載日:2005/04/06


News

 株式会社オーシャンブリッジと株式会社ドリコムは、ブログと文書共有システムを連携した企業内情報共有ソリューションの提供を目的として業務提携することで合意したと、発表した。これにより両社は、ドリコムの社内ブログ「ドリコムブログオフィス」と、オーシャンブリッジの文書共有システム「Net-It Central」のクロスセルを行なうほか、両システムを連携させた包括的なナレッジマネジメントソリューションを共同開発する。

 「ドリコムブログオフィス」は、社内ブログのパッケージソリューション。社員間/部門間/企業間の情報共有ツールとしての利用や、暗黙知の共有を目的とするナレッジマネジメントツールとしての利用など、さまざまな用途で活用されている。「Net-It Central」は、さまざまな文書資産を容易に共有/検索可能で、Webブラウザ上でそのまま高速に閲覧できる文書共有システム。形式知の有効活用を容易に実現できるナレッジマネジメントツールとして活用されている。

 今回の業務提携は、「ドリコムブログオフィス」と「Net-It Central」の双方の長所を活かすことで、暗黙知と形式知の共有を同時に実現できるナレッジマネジメントソリューションを提供することを目的としている。「ドリコムブログオフィス」による社員/グループ間の気付き/ノウハウ情報の共有(暗黙知の共有)と、「Net-It Central」による各種文書の共有(形式知の共有)を同時に行なうことにより、暗黙知と形式知の両方を効率的に蓄積し有効活用することができる。

 ドリコムは「Net-It Central」の、オーシャンブリッジは「ドリコムブログオフィス」の販売代理店として、各々のクライアントにクロスセルを行なう。また両社は、「ドリコムブログオフィス」と「Net-It Central」を連携させた、利便性の高いソリューションを共同で開発するほか、セミナーを共同開催する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ナレッジマネジメント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ナレッジマネジメント」関連情報をランダムに表示しています。

「ナレッジマネジメント」関連の製品

エンタープライズコンテンツ管理(ECM) Vitals ESP 【ギャラクシーソフトウェアサービス】 かんたんWebデータベース【サイボウズ デヂエ 8】 【サイボウズ】 ビジュアルマネージャー 【ネットパイロティング】 マニュアル制作ツール WikiWorks 【ナレッジオンデマンド】
ナレッジマネジメント ナレッジマネジメント ナレッジマネジメント ナレッジマネジメント
企業内コンテンツを管理、同期できるエンタープライズコンテンツ管理(ECM)プラットフォーム。ナレッジマネジメント、病院評価管理システムなども併せて提供。 クレーム管理や顧客管理などのアプリケーションを簡単な操作で構築できる、かんたんWebデータベース。 小売業のチェーンストアーに特化した店頭画像管理ツール。ビジュアルマーチャンダイジングの強化を目的としており、棚割、店内掲示など成功事例の画像による共有を実現。 マニュアルなどのドキュメントを効率的に作成できるツール。マニュアル制作に特化した多彩な機能群により効率的なマニュアル制作を可能にし、コストと手間を削減する。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010048


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ナレッジマネジメント > ナレッジマネジメントのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ