事例●CCSが収納機関用マルチペイメントネットワーク共同利用センターを構築

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例●CCSが収納機関用マルチペイメントネットワーク共同利用センターを構築


掲載日:2005/04/06


News

 富士通株式会社は、ちばぎんコンピューターサービス株式会社が、インターネットデータセンター(iDC)を構築し、同iDCが提供するサービスの第1弾として、地方公共団体と企業など(収納機関)向けに「マルチペイメントネットワーク共同利用センター」を開設したと、発表した。

 「マルチペイメントネットワーク共同利用センター」は、マルチペイメントネットワークを利用した収納サービスを提供する収納機関共同利用センター。地方公共団体の電子申請システム、自動車保有関係手続のワンストップサービスなどとも連携し、電子収納を実現することができる。収納機関がマルチペイメントネットワークを利用するためには、専用の通信システムと納付管理システムを構築する必要がある。収納機関が独自に構築する場合には、これらのシステムに加え、システムの保守体制と高度なセキュリティも必要となる。「マルチペイメントネットワーク共同利用センター」を利用することで収納機関は、低コストでマルチペイメントネットワークを利用することができるほか、連続運用するための要員と場所の確保が不要となる。

 ちばぎんコンピューターサービスのiDCは、震度7クラスの地震に耐える耐震構造や、地震の衝撃波を8分の1から10分の1に低減する免震装置、自家発電装置/大容量UPSによる安定した電源供給を実現し、電源/空調/回線を全て冗長化しているほか、ネットワーク機器に影響を与えない消火設備を備えている。また、連続有人常駐警備、赤外線センサー/金属探知ゲートなどによる防犯体制、IDカード/バイオ認証装置による入退室管理体制、監視カメラによるセンター内監視、専用キーによるラック単位の施錠管理を実現し、耐火仕様の専用データ保管庫も設置されている。さらに、連続有人常駐監視、統合運用監視システムによる運用/監視体制、経験豊富な専門スタッフによるサポート体制により、安定した運用管理を実現している。

 なお、富士通と株式会社富士通アドバンストソリューションズ(FASOL)は、「マルチペイメントネットワーク共同利用センター」を実現するために、ちばぎんコンピューターサービスのiDCと通信システム、納付管理システムの構築を支援している。通信システムの構築には、FASOLが開発したパッケージ「E-SUP MPN納付管理サーバ基本(収納機関編)V1.0」を使用している。今後は、収納機関および金融機関のマルチペイメントネットワーク利用を、システム構築により支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データセンター運用」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データセンター運用」関連情報をランダムに表示しています。

「データセンター運用」関連の製品

アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターへの変革 【ネットアップ】 5つの原則に見る、次世代データセンターの姿とは 【ネットアップ】 データセンターのサービスゲートウェイ拡張性を3シナリオで検証 【マクニカネットワークス】 次世代データセンターの能力を決める6つの要件とは 【ネットアップ】 俊敏で効率的なIT基盤コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用
アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット 5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿 データセンター向けサービスゲートウェイを用いた検証レポートを公開 なぜ次世代インフラではストレージのサービス品質が重要なのか? 多様なアプリに対応できる単一のITインフラ パフォーマンスと運用効率を両立

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010043


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ