●日本HP、セキュリティ機能や耐久性を強化したビジネス向けノートPCを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●日本HP、セキュリティ機能や耐久性を強化したビジネス向けノートPCを発売


掲載日:2005/04/05


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、情報管理機能を強化したビジネス向けノートPC 2機種を、4月下旬より発売する。HP Directplus価格は、A4タイプの「HP Compaq nc6230 Notebook PC」が19万円、B5タイプの「HP Compaq nc4200 Notebook PC」が19万円となっている。

 2機種とも、セキュリティアプリケーション「HP Protect Toolsセキュリティマネージャ」がプリインストールされ、さまざまなセキュリティ機能を1つのインターフェースで容易に設定/管理することができる。複数のパスワードを一括管理してシングルサインオンが可能な“クレデンシャルマネージャ”、BIOS設定がWindows上で行なえる“BIOSコンフィギュレーション”、スマートカード/指紋認証/USBトークンなどを複合利用できる“マルチファクター認証”といったセキュリティ機能が用意されている。

 また、ハードディスクドライブを3点で固定する構造など、3つのコンポーネントからなる“モバイルデータプロテクションシステム”を採用しており、故障などによる業務効率の低下を防ぐことができる。ハードディスクドライブ内にバックアップイメージを作成する“Altirisローカルリカバリ”により、容易にデータの復旧が可能となるほか、OSが起動しなくなった場合でも復旧できるため、外出先での起動障害などにも即座に対応することができる。

 さらに、ドッキングステーションやセカンダリトラベルバッテリ、ACアダプタなどのオプションを、異機種間で共通利用することが可能となる。これにより、部署で共有するなど管理コストを軽減することができる。「HPモバイルプリンティング」により、PostScript対応のネットワークプリンタを、ドライバのインストールや複雑な設定無しで使用可能なほか、ディスプレイの開閉やバッテリ、光ドライブの交換などを片手で操作できる設計となっている。ディスプレイの輝度を周囲の明るさに応じて自動調整する“周辺光センサ”も搭載している。

 「HP Compaq nc6230 Notebook PC」は、グラフィックスチップにATI社製の「MOBILITY RADEON X300」を採用し、標準でTCG準拠のセキュリティチップと内蔵スマートカードリーダーを搭載している。光ドライブには、従来より約3mm薄い着脱可能なマルチベイIIを採用し、本体全体の薄型化も実現している。「HP Compaq nc4200 Notebook PC」は、Pentium Mプロセッサを搭載し、533MHzのDDR2メモリーを最大2GBまで搭載可能なほか、標準バッテリで5時間以上、オプションのセカンダリトラベルバッテリ使用時では11時間のバッテリ駆動を実現している。19mmキーピッチのフルサイズキーボードと、タッチパッドとポインティングスティック両方を装備したデュアルポインティングデバイスを採用しているほか、大部分にマグネシウム合金を使用した堅牢な本体を実現している。


出荷日・発売日 2005年4月下旬 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010036


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ