●オリーブ情報処理、PDFに後でパスワード設定しメール配信できる製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●オリーブ情報処理、PDFに後でパスワード設定しメール配信できる製品を発売


掲載日:2005/04/05


News

 オリーブ情報処理サービス株式会社は、企業内のさまざまな業務システムから作成されるPDFファイルに対して、後からパスワードやセキュリティを設定し、自動的にメール配信が可能な「PDF-After Password」を、発売した。価格は、基本ライセンスが25万円となっている。

 「PDF-After Password」は、既に作成されたPDFファイルに対して、後から一括してフォルダ単位で文書パスワード(ユーザーパスワード)を設定し、開く際に文書パスワードが必要なPDFファイルに作成するシステム。表示/印刷以外の編集や改ざんは不可能となるため、セキュリティを確保してWeb公開やメール配信、文書保管を行なうことができる。PDFファイル名の一部をコードとして抽出し、コードと同システムのマスターに登録されている配信先コードと照合合致したPDFファイルに、自動的にパスワードを付与する。既に権限パスワードがかかっているPDFファイルへも、権限パスワードを環境設定に設定するだけで自動解除し、文書パスワード/権限パスワードの再設定が可能となる。またメール配信機能は、配信先マスターにメールアドレスが設定されていれば、自動的にメールを配信することができる。SMTPサーバー名と差出人、メール本文、添付ファイル名を、環境設定画面で指定できる。さらに有償オプションとして、PDFファイルの中にテキスト/Word/Excelなどを自動添付することも可能で、そのまま暗号化される。

 なお同社は、「給与明細書自動配信システム」の新バージョン「給与明細書Email自動配信システム2005」も、発売した。同製品は、社員の給与明細書をパスワードがかかった改ざん不可能なPDFファイルとして、メールにより自動配信するシステム。新バージョンでは、SMTPサーバーに送信数制限がある場合に、送信数と送信間隔を指定して分割送信することが可能で、サーバーへの負荷を軽減させることができる。作成されたPDFファイルに、元になるCSVデータを自動添付することができるほか、Word/Excel/テキストといったファイルを1つ添付することも可能となっている。添付後には、PDFの暗号化が行なわれる。また、PDFファイルに対するセキュリティプログラムも開発したため、さまざまなPC環境で運用することができる。さらに、受信者がメールを見た際に開封確認のダイアログがポップアップする“開封通知機能”や、2アドレスへのBCC送信が可能な“BCC送信機能”、PDF添付の有無を設定できる“簡易同報送信機能”、PDFファイル作成前に画面上で指定件数をプレビューできる“PDFプレビュー機能”なども備えている。


出荷日・発売日 2005年4月1日 発売
価格 基本ライセンス:250,000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PDFソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PDFソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「PDFソフト」関連の製品

スマホのカメラでPDF化 スキャナーアプリのトレンド機能6選 【KDDI】 PDF帳票生成エンジン SVF for PDF 【ウイングアーク1st】
PDFソフト PDFソフト
スマホのカメラでPDF化 スキャナーアプリのトレンド機能6選 日本固有の緻密な帳票を生成するPDFエンジン。高精細かつピーク時の同多重アクセスへの対応により、バーコードや画像の貼付けなどハイグレードなPDFの活用・効率化を支援。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010031


IT・IT製品TOP > PCソフト > PDFソフト > PDFソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ