事例●富士通とFFC、ガリバーのリアルタイムオートオークションを構築

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例●富士通とFFC、ガリバーのリアルタイムオートオークションを構築


掲載日:2005/03/31


News

 富士通株式会社と株式会社エフ・エフ・シーは、株式会社ガリバーインターナショナルのインターネットを利用したリアルタイムオートオークション「GAO!Auction」を構築し、同システムが1月21日より稼働したと、発表した。

 ガリバーでは、従来から中古車事業者向けに、通信衛星やインターネットを介して、ガリバーが買い取った車両の情報を提供/販売してきた。今回、安定した自社販路を拡大するほか、同社が従来より展開してきた中古車事業者向け車両販売事業の付加価値を高めることを目的に、中古車事業者が店舗にいながらオークションに参加できる、インターネットを利用したリアルタイムオートオークションを稼働した。リアルタイムオークションは、予め購入希望金額を登録する方式(事前入札方式)ではなく、購入する意思表示(応札)を行ない、購入者同士で競り合いを行なう方式(応札方式)のオークション。

 同システムを利用することにより、店舗で利用するPCをブロードバンド環境のインターネットに接続することで、中古車オークションに参加し、車両を数十秒で競り落とすことができる。また、同システムのために富士通とFFCが開発した、リアルタイムオークションに参加するための応札用スイッチである専用POSスイッチを利用している。ガリバーでは、当面週1回の「GAO!Auction」を予定しており、1週間に約2000〜3000台の出品を見込んでいる。なお同システムで使用された主な製品は、富士通のIAサーバー「PRIMERGY RX-200」33台、デスクトップPC「FMV-E610」16台、専用POSスイッチ5000台となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「富士通」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010001


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ