●インサイトテクノロジー、不正アクセス検知強化の情報漏洩監視製品を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●インサイトテクノロジー、不正アクセス検知強化の情報漏洩監視製品を発表


掲載日:2005/03/31


News

 株式会社インサイトテクノロジーは、個人情報保護法施行に備え、不正アクセス検知機能を強化した情報漏えい監視システム「PISO 2」を、発表した。価格は、「監視エージェント」が100万円から、「ログ蓄積・分析サーバ」が360万円となっている。

 「PISO 2」は、稼働中のシステムに対するパフォーマンスの影響を抑えて、個人情報が格納されているOracleデータベースのアクセス監視とアクセス履歴を記録し、内部犯行による情報漏えいを抑止するシステム。犯行者によるアクセス履歴の破壊/改ざんも防止し、安全にアクセス履歴を専用サーバーに保管/管理することができる。

 今回発表された新バージョンでは、個人情報保護法施行に備えて不正アクセス検知機能が強化されている。管理者は、監視コンソールに表示されるグラフや警告から不正アクセスを迅速に検知でき、これらの要素をクリックすることで、いつ/誰が/どのPC端末から/どのような操作をしたかといった、不正アクセスの監査査証を確認することが可能となる。監視対象のデータベースが複数ある場合でも、同様の操作のみで作業効率を下げずに不正アクセスを検知することができる。

 また、不正アクセス検知後の対応履歴を記録する機能や、監査査証となるアクセス履歴を高速に検索/抽出する機能、“ビュー”や“シノニム”を使用したアクセスから元テーブルを特定する機能など、従来の機能が強化されている。さらに、アクセス履歴を分析し、不審なアクセス行動パターンを警告することができるほか、既存のシステムを停止せずに導入可能となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データベースソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベースソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「データベースソフト」関連の製品

専門家の実践ノウハウ:Oracle DBからMySQLへ移行の方式と手順 【SCSK】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 インタビュー:SQL Serverアップグレードの必要性とメリット 【日本マイクロソフト】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 特設サイト:SQL Server 2005延長サーポート 【日本マイクロソフト】
データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト
専門家の実践ノウハウ:Oracle DBからMySQLへ移行の方式と手順 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 SQL Serverアップグレードに関する“ギモン”に答えます! 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 手間をかけない!損をしない!SQL Serverアップグレードのススメ

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009990


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ