●松下電器、動画や音声の無線送信が可能なコンパクトプロジェクタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●松下電器、動画や音声の無線送信が可能なコンパクトプロジェクタを発売


掲載日:2005/03/29


News

 松下電器産業株式会社は、高速化した無線送信で動画プレゼンテーションを可能にし、明るい環境下での映像表現力を150%向上させたコンパクトな液晶プロジェクタ「シリウスJr.」の新製品「TH-LB30NT/TH-LB20NT」の2機種を、4月5日より順次発売する。価格は、「TH-LB30NT」が49万8000円、「TH-LB20NT」が34万8000円となっている。

 「TH-LB30NT/TH-LB20NT」は、PCから動画や音を無線送信することが可能なプロジェクタ。無線送信用のアプリケーションソフト「ワイヤレスマネージャーME2.0」は、ランチャーにより全ての設定/操作が行なえ、準備時間を短縮することができる。同社の無線技術“環境適応型負荷分散方式”と、IEEE802.11gに対応した無線LAN技術などにより、無線送信の速度が従来品の5倍向上している。これにより、静止画プレゼンテーションに加え、動画送信と音声送信が可能となっている。

 1台のPCから、最大8台までのプロジェクタへ同じ画像を無線送信することが可能なため、複数スクリーンを用いたプレゼンテーションに適している。また、無線の特性を活かした、複数のPC画面を同時表示できる“マルチライブモード”では、4台のPC画面を同時に表示可能な“標準スタイル”、“4画面インデックススタイル”に加え、16台のPC画面を同時に表示できる“16画面インデックススタイル”を新たに搭載している。さらに、淡い色を表現する際、同社の環境照度適応型画質補正技術“デイライトビュー機能”により、環境照明を照度センサーで測定し、適正な色補正をリアルタイムで行ない、色を鮮明に再現することができる。

 電源オンから約2秒で出画できる“スピードスタート機能”や、使用後すぐ電源コンセントを抜くことができる“ダイレクトパワーオフ機能”を備えているほか、操作部には、電源(スタンバイ)/入力切り換え/アドバンスドオートセットアップボタンの3つが配置されており、3ステップで容易にセットアップ可能となっている。なお「TH-LB30NT」は、輝度3000ルーメンながら重さ2.6kgという小型/軽量な本体を実現しており、「TH-LB20NT」は、A4サイズ/重さ2.2kgのコンパクトな本体を採用しながら、輝度2000ルーメンを実現している。


出荷日・発売日 −−−
価格 「TH-LB30NT」:498,000円/「TH-LB20NT」:348,000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009961


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ