●IIJ、広域イーサなどに対応したネットワークマネジメントシステムを開発

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●IIJ、広域イーサなどに対応したネットワークマネジメントシステムを開発


掲載日:2005/03/24


News

 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は、広域イーサネットサービスなどの閉域ネットワークに対応した、通信機器の一元管理(初期設定/設定更新/監視など)を可能とするシステム「SMF-LAN」を開発し、新しいネットワークサービスプラットフォームとして提供を開始した。

 「SMF-LAN」は、インターネット上で利用する従来の「SMF」の技術をベースに、広域イーサネットサービスなどの閉域ネットワーク上で利用可能なネットワークマネジメントシステム。広域イーサネットサービスなどを提供する通信事業者が「SMF-LAN」をサービスプラットフォームとして利用することで、宅内ルーターを管理するサービスの提供にかかるコストや、広域イーサネット上でWANを構築しているエンドユーザーのネットワーク管理コストを削減することができる。また、「SMF-LAN」システム内の機器間の通信にIPv6を利用することにより、ユーザーの既存のIPv4ネットワークには影響を与えずに、通信機器の一元管理が可能となる。

 “自動設定機能”により、IIJが開発したルーター「SEIL」シリーズをLANに接続することで、機器自体が自律的に設定ファイルを読み込み、自動的に設定が完了するため、ルーターを直接操作して設定作業をすることが不要となる。さらに、各種設定を保持するLAN管理サーバーから、設定や機能を任意のタイミングで対象機器(ルーター)へ配信するほか、各ルーターを監視システムの代理で監視し、結果を特定の監視サーバーへ通知する“代理監視通知機能”も搭載している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009923


IT・IT製品TOP > 通信サービス > 広域イーサネット > 広域イーサネットのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ