●act2、Mac OS X用FTPソフトウエアの新バージョン「Transmit 3」を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●act2、Mac OS X用FTPソフトウエアの新バージョン「Transmit 3」を発売


掲載日:2005/03/24


News

 株式会社アクト・ツーは、Mac OS X用FTPソフトウエア「Transmit」の新バージョン「Transmit 3」を、4月28日より発売する。価格は、5800円となっている。

 「Transmit」は、Finderからのドラッグ&ドロップでリモートサーバーへのファイル転送が可能なFTPソフトウエア。ホームページ更新のための“シンクロナイズ機能”を搭載し、ローカルのファイルとサーバー上のファイルの修正日をチェックして両者の同期を行なうため、自動的に更新したファイルのみを入れ替えることが可能となっている。使用頻度の高い接続先を登録できる“ブックマーク機能”も搭載している。

 アップロードするファイルにより自動的にパーミッションの設定が可能で、個別に変更したい場合も、サーバー上のファイルを選択し“情報を見る”ウィンドウを開くことで、容易に確認/変更することができる。HTML/テキストといった文書ファイルの編集や、スペルチェックが可能なテキストエディタも内蔵している。また、別アプリケーションを起動せずにJPEGなどの画像ファイルを確認できる“プレビューウインドウ機能”を搭載している。ログイン情報や転送データの暗号化に対応した各種プロトコルをサポートしており、SFTPやTLS/SSLでの通信に対応しているほか、ADSL回線からの接続にも対応した“Passiveモード転送”にも対応している。

 新バージョンでは、カラム表示が可能となり、ファイルの階層関係を迅速に確認することができる。サイドバーも改善されており、サイドパネル上にボリュームやフォルダのショートカットリンクが表示され、ワンクリックでローカルフォルダを切り替えることができるほか、ドラッグ&ドロップで容易に追加/削除が可能となっている。ブックマークリストを一覧で確認することもできる。

 さらに、フォルダ上で転送したいファイルをドラッグしたまま待つことで、そのフォルダが自動的に開く“フォルダナビゲーション機能”に対応しているほか、ズーム機能により、その場で画像をポップアップウィンドウに拡大して表示することもできる。「Transmit」の状態を“Dock”に登録したアイコンの表示で確認可能な“Dockステータス”に対応しているほか、“iDisk”への接続機能も搭載し、Finderより迅速な接続を実現することができる。


出荷日・発売日 2005年4月28日 発売
価格 5,800円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ジョブカンワークフロー 【Donuts】 学校の情報漏えいを阻止する秘策、「流出しても読めない」ファイルとは? 【ネスコ】 医療現場に即した形でIT化を促進、旧OS継続利用とモバイル活用の両立法とは? 【パラレルス】 定番製品との比較で見えてくる、VDIとアプリケーション仮想化のポイント 【パラレルス】 RDSでは物足りない、デスクトップ仮想化の不満をどう解消する? 【パラレルス】
ワークフロー 暗号化 統合運用管理 VDI VDI
誰でも使える簡単な操作性と高度な機能を併せ持つクラウド型のワークフローシステム。PC・スマホから、いつでもどこでも申請・承認が可能。 過去の申請も簡単に検索できる。 学校の情報漏えいを阻止する秘策、「流出しても読めない」ファイルとは? 医療現場に即した形でIT化を促進、旧OS継続利用とモバイル活用の両立法とは? 定番製品との比較で見えてくる、VDIとアプリケーション仮想化のポイント RDSでは物足りない、デスクトップ仮想化の不満をどう解消する?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009916



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ