提携●サンとNRI、アイデンティティマネジメント分野で協業

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携●サンとNRI、アイデンティティマネジメント分野で協業


掲載日:2005/03/22


News

 サン・マイクロシステムズ株式会社と株式会社野村総合研究所(NRI)は、今後日本における市場の拡大が予測されるアイデンティティマネジメント分野で、ソリューション整備/提供についての協業に合意したと、発表した。

 サンとNRIは、情報システムを利用する“人”の認証や識別を高度化するためのアイデンティティマネジメント環境の整備/実現に注力し、ユーザーの情報セキュティ、コンプライアンス、ITガバナンスの強化に加え、今後のボーダーレスな企業間取引をセキュアな環境で行なえるIT環境の実現を、アイデンティティマネジメントの整備という側面から支援する。今回の協業で両社は、従来は製品提供に留まっていたアイデンティティマネジメントの分野で、コンサルティングからシステム導入に至るソリューションを構築した。同ソリューションの展開にあたっては、サンのパートナーと協力し、ビジネス分析からシステム開発/運用までのトータルなソリューションを提供する。

 また、米国諸制度に準拠したサンのアイデンティティマネジメント製品群を、NRI監修の下、日本の諸制度に準拠した形で今後拡張を進める。NRIも、ユーザーへのコンプライアンス強化が円滑に行なわれるコンサルティングメニューを整備する。当面は国内で、SOX(米国企業改革法)への対応が必要な企業への提案活動を実施する。さらに、J2EEと.NET環境など、異なるアーキテクチャの相互運用ソリューションの整備/提供も実施する。企業内に点在するLDAPやActive Directoryなどの異種アイデンティティ資源を連携させ、システムインテグレーションから運用支援までの一連のライフサイクルを総合的にサポートするソリューションを提供する。今後のソリューションの拡充のため、NRIはコンプライアンス強化を実現するサンのアイデンティティマネジメント製品群を順次検証し、今後発表される製品群に対しても日本市場特有の事情を織り込む形でフィードバックしていく。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

セキュリティ基準を厳守する特権ID管理、運用を効率化するには? 【エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア】 現在のマイナンバー対応で本当に大丈夫? 7つのポイントで点検 【日本電気】 ID管理ソリューション 結人・束人 【インテック】 特権ID管理 CA Privileged Identity Manager 【アシスト】 特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTソフトウェア】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
失敗できない特権IDの運用 厳格管理と効率化を両立させるには? 年末調整に向けた準備は? マイナンバー対応振り返りガイド システムごとに存在するID情報の一元管理を実現する。異なるシステム間のデータ同期に加え、ID情報のライフサイクルを管理し、煩雑なID管理業務の負担を軽減する。 「OSでは満たせないあらゆるイベントのアクセス制御」と「特権/共有アカウントのパスワード貸出制御」を実現できる特権ID管理製品。 今求められるIT統制に対応でき、管理(ID貸出、パスワード変更、ログつきあわせ、ID棚卸等)を自動化できる特権ID管理製品。人手作業は利用申請・承認、点検結果確認となる

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009891


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ